施工管理体制

施工管理について

15

飛鳥住宅では、着工から竣工までの全てを「自社の責任施工」にて行います。
専任の現場監督が一貫して現場の管理を行い、お客様の期待に応えます。

また、役所及び第3者機関の検査に加えて、厳しい社内検査を随時行い、常に最高の品質でお客様に住まいをお引渡しできるように努めています。

厳密な施工管理体制

飛鳥住宅では安心・安全・健康な住宅をご提供するため、弊社施工管理スタッフによる厳密な施工管理体制を作り上げ、徹底した監理のもとに住宅建築施工をしています。

検査項目

25

19項目以上にもわたる
厳しい社内検査を徹底


弊社施工管理技士を中心にJIOなど第3者機関による検査・確認・写真管理を徹底し、信頼の建築施工をお約束します。



Step.1 着工前

敷地現況調査
着工前の重要なチェック項目である敷地確認。
図面に基づいて資材の搬入経路、重機の配置、隣地への仮設計画など、立地条件の確認・調査を行います。

図面チェック
実施図面の内容チェックを行います。今までの管理実績により是正個所や問題点などを中心に、お客様のこだわりや注意事項などを設計担当者・営業担当者と打ち合わせを行い、事前に問題の解決を図ります。

地盤調査
全棟地盤調査を行います。
調査データのみならず様々な角度から解析、導かれたデータをもとに対策提案があります。

地盤改良・補強対策
地盤調査報告書をもとに最適な地盤対策を施します。
地盤の状態、支持層までの深さなどにより表層改良・柱状改良などの地盤補強工事を行います。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.2 基礎配筋工事、基礎完了

基礎配筋・基礎構造検査
建物にとって最も重要な基礎配筋に関する検査は、全棟自社施工管理技士及びJIOの2重チェック体制を取っています。
検査項目として、底盤、立ち上がり、継手位置、定着長さ、開口補強の確認、コンクリートかぶり厚の確認、防湿シートの重ねしろの確認、アンカーボルト・ホールダウン金物位置の確認、そして各材料品質の確認などがあります。

基礎工事完了検査
基礎立ち上がりや基礎幅のチェック、通り確認、レベルの確認を行います。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.3 建て方工事、屋根工事

木材材料・金物材料確認
構造材、釘、金物など構造材料の厳密なチェック、指定材料の全品確認。現場での部材の管理状態・管理方法なども確認します。

土台敷き検査・大工建て方検査
図面通り施工されているかを全棟、全箇所を確認します。柱の垂直精度の確認、釘ピッチの確認、補強金物施工の有無などがあります。誤差・不具合はすぐに是正します。特に補強金物は非常に大切な部位となりますので、構造材と同様に重要な検査となります。

防蟻処理検査
無添加住宅では防腐防蟻対策として柿渋を塗布しています。 所定の範囲に施工されているか確認します。

屋根下地検査・屋根完了検査
屋根形状の確認、ルーフィングの材料・重ねしろ・末端収まり等の確認、板金・瓦などの屋根材の葺き方確認。トップライトなどの特殊な部位がある場合は詳細な納まり具合を厳しくチェックします。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.4 中間検査・JIO構造検査

中間検査
確認検査機関の中間現場検査

JIO構造検査
JIOによる現場構造躯体検査の実施

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.5 防水工事

窓廻りなどの防水検査
屋根以外のベランダやサッシ廻りの防水施工を厳しく検査します。

躯体防水検査
外壁下地防水シート重ねしろなどの施工確認、外壁通気胴縁のピッチ確認、外壁材の施工精度確認など、施工開始から施工中、完了に至るまで漏水の原因となる箇所がないかを厳格に検査します。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.6 造作・内装工事

断熱材施工確認
断熱材の材料尾・施工確認、気密施工確認をします。
断熱施工は完成した建物の性能に関わりますので、非常に重要な検査項目です。

木工事完了検査
内装の仕上げ工事に入る前に、ボード等の下地の検査をします。ビスピッチの確認、下地ボードのジョイント位置、ビス位置の確認、電気配線位置の確認をします。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.7 工事完了

自社完了検査
完成した建物の総合的な社内検査を実施します。仕上がり状態、各種納まり具合、汚れ、キズなどあらゆる項目を確認し手直し工事を行います。

確認検査機関による完了検査
確認検査機関による法令等の現地確認検査。

お施主様立ち合い検査
お引渡し前には、お施主様立ち合いのもと現場確認を行います。この検査で出た項目の手直しを終えると、いよいよお引渡しとなります。

a014e2921ac8ffcf2ebe79a13691d421

Step.8 お引渡し

35
取扱説明書、保証書等を準備してお引渡しとなります。
お引渡し後は、定期的に点検を行います。
また不具合等がありましたら、随時アフターメンテナンスを行います。

→ アフターメンテナンスについて詳しくはこちらをご覧ください。