毎年恒例、飛鳥会安全大会を開催しました

毎年恒例、飛鳥会安全大会を開催しました。当社社員と業者さんが集まり、チームに分かれて、建築現場の安全確認をします。担当者自身では気づけない部分を指摘し合い、改善していく良い機会となっています。
安全大会_各チームの報告 建築現場での安全とは 改善点
各チームの報告会の後、安全や健康に関わる講習があります。今年の演題は、「心肺蘇生法の講習」です。講師は、金沢市駅西消防署 小坂出張所の所長 高田 虎男氏と、ほか4名の救急隊員が来てくれました。

突然、大切な家族や友人、近くの人が倒れたら…。まず、しなければいけない事。
そう、「救急車を呼ぶ!」と普通思いますよね。

そうではなく、まず倒れた方の反応があるか確認します!
安全大会_心肺蘇生の仕方 AEDの使用方法講習
① 反応があるか確認:名前を呼んで呼び掛けてみたり、肩をたたいてみたり。何らかの応答や反応がなければ、近くにいる人に応援を求めます。

② 119番通報とAEDの手配:あなたは、倒れた方から離れることなく、人に手伝ってもらいます。
「119番通報して、救急車を呼んでください!」「AEDを持ってきてください!」それぞれを頼み、協力をしてもらうのです。
③ 呼吸を確認:胸と腹部の動きをみて、普段通りの息があるかをみます。

正常な呼吸がない場合は
④ 直ちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行う。:強く!早く!絶え間なく!

 強く:胸が、少なくとも5㎝沈むように
早く:1分間当たり、100~120回のテンポで
絶え間なく:中断は、最小に
安全大会_心肺蘇生の仕方姿勢が大事 休まず続ける
⑤ AEDが到着したら、電源を入れて音声ガイドに従って操作してください。

⑥ 電気ショック後、直ちに心臓マッサージを再開します。
救急隊員が到着するまで絶え間なく続けます。
安全大会_心肺蘇生の仕方姿勢が大事 AEDの使用方法
心肺蘇生法を知っている人もいましたが、知らない、やったことがない人が多かったようです。
実際にやってみると、すごく体力が必要だと分かりました。そして救急隊員が到着するまで休むことなく、やり続けることが大事。ですが、なかなか続けることは大変です。
安全大会_心肺蘇生の仕方AEDの使用方法
また、AEDの使い方を教えてもらいました。初めて触るという方が多かったようです。

こういった講習は、自治体でも行われていると思います。一度講習を受けたくらいで分かった気にならずに、積極的に参加していきたいですね。そして、多くの方ができれば、万が一の場面に遭遇しても、なんとか心肺蘇生できるのではないかと思います。
今回の講習は、みなさんの実のあるものになったのではないでしょうか。
安全大会_終わりのあいさつ 安心安全健康 飛鳥住宅 代表取締役会長
もし、緊急の事態に遭遇した場合は、率先して心肺蘇生法を実行し、人命救助に少しでも貢献出来たらよいなと思いました。