何事もバランスが大切!

木造建築物では、耐震・風圧などの横揺れに対して建物が壊れないように耐力壁『すじかい』を設置します。



性能表示では、耐震等級を、等級1から3まで定めています。

建築基準法を充たしていれば等級1、等級2は等級1の1.25倍、等級3は等級1の1.5倍となってます。

すじかい意外にも規定はありますが、簡単に言うとこうなります。



建築基準法の定める数値は『最低の基準』です。



私は、すじかいを配置するときは基準法の1.2倍以上を目標にしています。

さらに、『偏心率』のチェックもしています。

建物には重心(建物のバランスの取れる場所)と、剛心(すじかいを配置したときの、そのバランスの中心)があります。

この二つの位置が離れていると、建物が揺れたとき、ねじれるような動きとなります。

つまり、重心と剛心は近ければ近いほうがよい!『偏心率』の数値が低い方がよいのです。



2階建ての木造建築ではこの偏心率の検討は求められていませんが、私はとても重要なことだと思います。

細かい説明をしなくても、「等級2です!」って言ってしまえば、簡単にことは済みますが、地震力を気にするならば、

単純にすじかいの量を増やすだけではなく、バランスの良い配置計画をするべきだと思います。



米泉住宅展に待機していると、耐震等級について質問を受けます。

「等級2だから大丈夫です!」なんて簡単な返答にならないよう、営業トークができるようにしていきたいと思います。

構造も、デザインも、・・・価格も・・、バランスですね (^^)