スタッフブログ

紅葉に、ライトアップ。秋の写真撮影を満喫しました

2017年11月30日|カテゴリー「日記
秋も深まり、木の葉が色づき、景色を楽しむ絶好の季節ですね。みなさんは、どんな風に秋を楽しんだでしょうか?
私は、HPや雑誌、DMなどに使用する、モデルハウスや、お施主様の完成写真の撮影をしています。お施主様には、お引渡し後にフォトブックにして差し上げています。 ですが、なかなかうまく撮影することができず、いつも一人で四苦八苦しています。やっぱりステキに仕上がったお施主様の家は、「ステキに撮りたい!」と思うのです

もっと上手くなるために、この秋、プロのカメラマンの下で修行をしてきました。ISO感度やF値、ホワイトバランスなど、カメラの機能を一から習い、オート機能を使わずに撮影する技術を学びました。持っていて使っていても、知らないことがたくさんありました。
高岡市_古城公園の紅葉_2017秋遊覧船
高岡市の古城公園、遊覧船に乗っている人にピントが合っていないのが残念。。
高岡市_古城公園の紅葉_2017秋
やはり、今のカメラは、性能がいい!昼でも夜でも、カメラ任せに誰でも簡単にステキな写真が撮れます。だからこそ、あまり習おうとは思わないのかもしれませんね。
ですが、カメラは奥深いです。知れば知るほどオート機能など必要なくなります。自分の好きな色、明るさ、瞬間を思いのまま撮れるようになるのです。
文化財指定庭園_特別名勝_兼六園_2017秋の段_雪吊り
私は、まだまだこれからですが。。モノや景色、人を撮影するのは、それぞれ違った楽しみがあり、撮影するのがより好きになりました。そして、まだまだ修行が必要だと痛感しました。


やはり、夜の撮影はなかなか難しいです。兼六園のライトアップ、私なりにステキに撮れた一枚↓↓↓↓↓です。
文化財指定庭園_特別名勝_兼六園_2017秋の段_雪吊り紅葉
家づくりの節目に写真を撮らせていただいています。先生には、センスはいいと褒めていただきましたので、どうか安心して写ってくださいね。

お施主様のかけがえのない笑顔と、家をよりきれいに、ステキに撮れるよう、これからも日々センスを磨こうと思っています。

毎年恒例、飛鳥会安全大会を開催しました

2017年11月25日|カテゴリー「会社行事
毎年恒例、飛鳥会安全大会を開催しました。当社社員と業者さんが集まり、チームに分かれて、建築現場の安全確認をします。担当者自身では気づけない部分を指摘し合い、改善していく良い機会となっています。
安全大会_各チームの報告 建築現場での安全とは 改善点
各チームの報告会の後、安全や健康に関わる講習があります。今年の演題は、「心肺蘇生法の講習」です。講師は、金沢市駅西消防署 小坂出張所の所長 高田 虎男氏と、ほか4名の救急隊員が来てくれました。

突然、大切な家族や友人、近くの人が倒れたら…。まず、しなければいけない事。
そう、「救急車を呼ぶ!」と普通思いますよね。

そうではなく、まず倒れた方の反応があるか確認します!
安全大会_心肺蘇生の仕方 AEDの使用方法講習
① 反応があるか確認:名前を呼んで呼び掛けてみたり、肩をたたいてみたり。何らかの応答や反応がなければ、近くにいる人に応援を求めます。

② 119番通報とAEDの手配:あなたは、倒れた方から離れることなく、人に手伝ってもらいます。
「119番通報して、救急車を呼んでください!」「AEDを持ってきてください!」それぞれを頼み、協力をしてもらうのです。
③ 呼吸を確認:胸と腹部の動きをみて、普段通りの息があるかをみます。

正常な呼吸がない場合は
④ 直ちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行う。:強く!早く!絶え間なく!

 強く:胸が、少なくとも5㎝沈むように
早く:1分間当たり、100~120回のテンポで
絶え間なく:中断は、最小に
安全大会_心肺蘇生の仕方姿勢が大事 休まず続ける
⑤ AEDが到着したら、電源を入れて音声ガイドに従って操作してください。

⑥ 電気ショック後、直ちに心臓マッサージを再開します。
救急隊員が到着するまで絶え間なく続けます。
安全大会_心肺蘇生の仕方姿勢が大事 AEDの使用方法
心肺蘇生法を知っている人もいましたが、知らない、やったことがない人が多かったようです。
実際にやってみると、すごく体力が必要だと分かりました。そして救急隊員が到着するまで休むことなく、やり続けることが大事。ですが、なかなか続けることは大変です。
安全大会_心肺蘇生の仕方AEDの使用方法
また、AEDの使い方を教えてもらいました。初めて触るという方が多かったようです。

こういった講習は、自治体でも行われていると思います。一度講習を受けたくらいで分かった気にならずに、積極的に参加していきたいですね。そして、多くの方ができれば、万が一の場面に遭遇しても、なんとか心肺蘇生できるのではないかと思います。
今回の講習は、みなさんの実のあるものになったのではないでしょうか。
安全大会_終わりのあいさつ 安心安全健康 飛鳥住宅 代表取締役会長
もし、緊急の事態に遭遇した場合は、率先して心肺蘇生法を実行し、人命救助に少しでも貢献出来たらよいなと思いました。

三口新町モデルハウスがクリスマスの準備

2017年11月3日|カテゴリー「内見会
すっかり日本に定着した、ハロウィン。仮装などして楽しみましたか?とは言っても、まったく関心がない私です笑。

 ハロウィンが終わり、街はさっそくクリスマスの準備!街路樹の点灯式も行われ、街はだんだんとクリスマス一色に変わっていきます。楽しみですね。そしてクリスマスと言えば、待ちに待った大好きなスターバックスクリスマスブレンドが登場!
ASUKADESIGN_スターバックス_クリスマス
発売当日の朝、出勤前に購入!ウキウキで出社しました。これで、仕事もはかどります。

そして、ハロウィンだった三口新町モデルハウスの子ども部屋も、クリスマス仕様にかわいく仕上げてみました。
ASUKADESIGN_金沢市三口新町_クリスマス
三口新町モデルハウスの子ども部屋は、黒板クロスが使われています。一見すると普通の壁紙。でも、少しザラザラしていて、チョークで絵や文字が書けます。
サンゲツ_壁紙_re-2411-color

色は6色から選べ、お好みの雰囲気に部屋を仕上げることができます。子供部屋だけではなく、書斎やちょっとしたコーナーにもアクセントとして使えるのではないでしょうか。

ちなみに、三口新町モデルハウスでは、RE-2412とRE-2415を使用しています。
サンゲツ壁紙_黒板クロス_使用例
※画像はサンゲツHPより

気分を変えるためや、生活スタイルの変化に合わせて、部屋の模様替えはしますよね。
残念ながら壁紙は、一度貼ったら、なかなか張り替えることはしないし、できない。。でも、この壁紙なら自分で好きな絵が描けますし、簡単に描きなおせて、楽しめます。
実際に描いてみたい方がいましたら、スタッフまでお気軽にお声かけ下さいね。