• TOP
  • 家づくりの流れ

STEP01 情報収集

インターネット検索や資料請求、セミナーへの参加などで情報収集し、気になる‧イメージする家が定まってきたら実際にモデルハウスや内⾒会に⾜を運んで、新居での⽣活をイメージしてみましょう。⾶⿃住宅では、家づくりを検討されている⽅に向けて、モデルハウスや内⾒会‧セミナーなどのイベントを開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

STEP02 資⾦計画

STEP02の情報収集と並⾏して、家づくりに関するお⾦の計画も具体化していきましょう。住みたい⼟地‧家の購⼊に必要な費⽤はいくらくらいか、⾃⼰資⾦と住宅ローンの借⼊で準備できる資⾦を考えていきましょう。
また、住宅ローンの返済⽅法や、税⾦、補助⾦を視野に⼊れつつ、「借りられる額」ではなく、「無理なく返せる額」を試算しましょう。
⾶⿃住宅では、ファイナンシャルプランナーの資格を持つスタッフが様々な⾓度からローンシミュレーションやライフプランシートを作成します。まずは、お気軽に相談ください。

住宅購⼊にかかる費⽤

家づくりの費⽤は、建築本体⼯事費+別途⼯事‧諸費⽤+⼟地代の総額となります。
⼟地の状況等によって発⽣する費⽤が変わる場合もあるので、本体⼯事以外にかかる費⽤を契約前にチェックして総額を把握しておきましょう。

建物本体⼯事費本体⼯事
オプション⼯事
付帯⼯事‧その他の⼯事
(本体⼯事費の約10%〜20%)
付帯⼯事‧仮設⼯事‧屋外給排⽔⼯事‧ガス⼯事 など
その他⼯事‧設計図書作成費‧敷地調査費‧建築確認申請料‧地盤改良⼯事
別途⼯事‧諸経費付帯⼯事‧引越し‧インテリア‧外構⼯事‧空調設備⼯事など
その他⼯事‧ローン諸費⽤‧⽕災保険‧登記費⽤など
⼟地代⾦⼟地関係費⽤‧⼟地代⾦‧⼟地仲介⼿数料‧登記費⽤など

総額

STEP03 ⼟地決定

⼟地探しも建物の計画と並⾏して進めましょう。
⼟地だけ良い⼟地だからと先⾏して決めてしまうと、後になって希望する建物が建てられないことが分かったり、追加予算が発⽣したり、思わぬ失敗の原因となることがあります。
逆に、⼀般的に良いとされる南東や⾓地でなくても、建物のプランを⼯夫することで満⾜できる家づくりができることもあります。
私たち⾶⿃住宅では、スタッフがお客様と⼀緒に最適な⼟地探しのお⼿伝いをさせていただきます。これから⼟地を探す⽅はぜひお気軽にご相談ください。

⼟地の探し⽅

家づくりの費⽤は、建築本体⼯事費+別途⼯事‧諸費⽤+⼟地代の総額となります。
⼟地の状況等によって発⽣する費⽤が変わる場合もあるので、本体⼯事以外にかかる費⽤を契約前にチェックして総額を把握しておきましょう。

1.希望エリアを調べる

通学時間やそのエリアの特性を調べて、希望エリアの候補を絞り込みましょう

2.エリアの⼟地価格を調べる

建物と⼟地にかける予算のバランスを考えて、購⼊条件を決めましょう。

3.現地を⾒てみる

駅からの様⼦、周辺環境や施設をチェックしながら実際に現地を⾒てみましょう。

4.プランをつくってみる

候補地が絞り込めたら、どんな家になるかプランを作ってチェックします。
希望通りの家が建てられなければ候補地を変えて、納得のいく⼟地を探しましょう。

STEP04 プラン決定

間取りや外観など、基本的な建築プランを進めていきます。お住まいした後のイメージをしながら具体的に決めていきましょう。

設計プランを確認

平⾯図、⽴⾯図、外観や室内のイメージパースなどを含む設計プランを確認します。

⾒積書を確認

本体⼯事、オプション⼯事から融資費⽤までを含めた⾒積書を確認します。

STEP05 契約

⼟地‧建物を含めたプランが確定したら、予算を確認しご契約となります。

  1. プラン‧⾒積り‧建築スケジュールを確認します。
  2. 建築請負契約を締結します。不明な点があればその場で質問し、すべてクリアにしておきましょう。

STEP06
コーディネート‧打ち合わせ

契約前に決めた基本プランをベースに、具体的な建築プランの詳細を確認しながら決めていきましょう。
壁紙やタイル、ドアノブや、造作家具の詳細、お⾵呂やトイレとった住宅設備をひとつずつ選んで決めていきます。
納得いくまで、打ち合わせをさせていただきます。

打合せの流れ

1.ヒアリング・平面プランの確定

契約前に決めた基本プランをベースに平面プランの確認・調整を行います。
また再度ヒアリングを行い、建物イメージやテーマを固めていきます。

2.外部仕様の選定

ヒアリングした内容を元にした提案をもとに外壁や屋根等の選定を行います。

3.設備機器の選定

ショールームに同行し、ご希望に合う機器の選定をお手伝いします。

4.内部仕様の選定

サンプルやイメージパースなどをもとに床材や壁仕上げ、ドアなどの選定を行います。
また収納内部の仕様も検討します。事前に収納計画を立てておくと、より使いやすい住まいとなります。

5.照明配線‧コンセント類の選定

照明器具やコンセントの種類や配置の選定を⾏います。
こちらも、事前に家電の配置や使いかたをイメージしておきましょう。

6.外構‧その他

外構の他にも、カーテンなどの打ち合わせも⾏い、トータルで建物をプロデュースします。

STEP07 ⼯事

詳細設計が決まり、各種申請が承認されたらいよいよ⼯事スタートです。

⼯事の流れ

1.地縄張り

⼟地が更地になった状態で建物の配置を確認します。

地鎮祭
神主に敷地のお祓いをしてもらう地鎮祭。⼯事にかかわる⼈が参加して安全祈祷をします。

2.地盤改良⼯事

地質調査の結果をもとに、地質が⾼い場合は地盤改良⼯事を実施します。

3.基礎⼯事

コンクリートの養⽣期間も含めて約30⽇程度です。

4.棟上げ⼯事(上棟)

建物の躯体‧構造を築く⼯事です。バランスのとれた頑強な⾻格が出来上がります。

上棟祭
完成した建物が無事であるよう願って⾏われるのが上棟祭です。

5.屋根⼯事

家の⾻格である構造が⽴ち上がったら、屋根⼯事を実施します。

6.下地⼯事

天井‧壁‧床などの⼯事です。完成後は⾒えなくなるので、しっかり確認しておきましょう。

7.内部造作⼯事

下地⼯事と平⾏して、電気配線‧給排⽔管⼯事を進めます。

8.仕上げ⼯事

壁‧天井のしっくい塗りやクロス貼りを⾏います。
その後、洗⾯化粧台や室内ドア、照明器具などの取付⼯事を⾏います。

9.工事完了・お引渡し

建主・設計者・現場監督など関係者が立ち会って完成した住宅を検査する「竣工検査」、確認申請機関である役所の「完了検査」を経て合格したら、お引渡しとなります。

STEP08 お引渡

⼯事が完了しましたら、いよいよお引き渡しです。
私たち⾶⿃住宅では、ささやかな引渡式を⾏います。お施主様によるテープカットや、設計‧⼯事に関わった担当者とともに乾杯を⾏います。その後、新居の鍵、保証書や説明書をお渡しします。