今年も安全大会が行われました。

毎年11月に行われる安全大会。飛鳥住宅の協力会社である大工、職人、メーカー、業者が集まり、各現場における働く方たちの安全と健康を確保するように、働きやすい労働環境を整え、より高めていくことが目的です。安全への意識をより高めるために、安全意識を共有するために開催されるものです。現場のパトロールをし、改めて現場がどうだったか確認し、改善点や良い点や気づいた点などを述べ、お互いに認識し合い、より安全への意識を高めていきます。
2018安全大会_飛鳥住宅_安全第一_健康住宅
現場は、常に危険と隣り合わせ。死につながるトラブルも含め、現場で働く労働する方たちが安全で、気持ち良く働いていけるよう見直す機会となっています。

今回は、金沢労働基準監督署の山下様に「建築現場の取組」と題しまして講演していただきました。
労働災害発生状況、安全パトロールのすすめ、住宅の建築現場で起きうる梯子からの転落防止などについてお話しいただきました。貴重なお話、ありがとうございました。
2018安全大会_飛鳥住宅_講演会_健康住宅_安心安全健康
飛鳥住宅にとって、協力会社は貴重な人財です。
これからグッと寒くなります。これから、上棟が始まる現場もあります。外作業は、寒くて感覚が鈍ってきますので、安全第一で作業に当たっていただきたいと改めて思いました。