日記

上がった瞬間から、心地よい気分。

2020年2月14日|カテゴリー「日記
先日、入居されたお施主様のお宅に行き、家づくりナビの取材に協力していただきました。
まちなか角地の2Fリビングで、無添加ライフを楽しまれているご夫婦の家。その時の様子をちょっとだけ、お話しします。

無添加住宅_2Fリビング_空気がキレイ_飛鳥住宅_無垢

木の香りと、空気の澄んだ感じ、グリーンがより無添加住宅らしさを演出していました。

雰囲気がいい、まるでインテリア雑誌に載っているような、ステキなインテリア、空間で惚れ惚れしました。
やっぱり無添加住宅のお家はいいですね。

家を建てようと思ったきっかけから、家に対するこだわりや、趣味など、いろいろ語ってくださいました。
奥様のアーユルヴェーダの施術ができる部屋が欲しいという願いを叶えるために、それありきで一軒家の計画が始まったそうです。できれば、音楽ができたらいいなと思っていたそう。

趣味の音楽_楽器部屋_無添加住宅_音が漏れない_飛鳥住宅

かわいいサイズのグリーンは、ニッチや窓台に飾ってあります。
グリーンがあることで心が安らぎ、リラックス効果があり、癒されます。

一番大きいのが「フィカス(ゴムの木)」観葉植物。
インテリアグリーンでは、人気の観葉植物で、インテリア性に優れ、丈夫で育てやすいとのことで人気があります。
ただ、注意が必要なのは、光を考慮して置く場所を決めること。
なぜなら植物は光がないと生きていけず、植物によって差はありますが、日照不足になると元気がなくなり、次第に枯れてしまうのだそうです。

家づくりナビ_取材_飛鳥住宅_無添加住宅_終始にこにこ_笑顔がステキなご夫婦

普通の家ならばここに冷蔵庫を置く。家族みんなが取りやすい、片付けやすい場所です。
でも、こちらのお宅はパントリーの中に冷蔵庫を押し込んだことで、植物はバルコニーの前で太陽の光をたっぷり浴び、すくすくと育っています。

だからこそ叶った、この空間。無添加住宅も喜んでいるようです。

植物も、空気がきれいな無添加住宅だから、よく育ちますし、ステキなBGMが流れる空間だからきっと居心地が良いのでしょう。

ダイニングから、きれいな青い空が抜けて見えるのが気に入っていると、何気ないことも幸せと感じられる。
無添加住宅だからこそ叶った、余裕のある暮らしを楽しんでいらっしゃいました。
家づくりナビ_取材_楽しいひと時_飛鳥住宅_漆喰壁_

いかがでしたか。

リビングに上がった瞬間から、居心地のいい雰囲気。BGMが流れ、植物が置かれた明るい空間。
家の中にいながら自然の匂い、なんだか自然と心地よい気分にさせてくれるステキなお宅でした。

快く家づくりナビの取材を引き受けてくれたご夫婦。
終始、仲良く家づくりのことを教えてくださいました。
互いを尊重し合い、優しさ溢れた空間が心地よかったです。

K様邸が掲載される家づくりナビは2020年2月末に発売されます。
ぜひ、ご覧ください。

むてんも喜ぶ、彩る家

2020年1月29日|カテゴリー「日記
来月、空気の質にこだわった漆喰の家「無添加住宅 完成内覧会」を予定しています。
石川県で唯一の無添加の心地よさ、室内空気のきれいさ、おいしさを体感できます。

無添加の家_完成内覧会_飛鳥住宅_金沢市天神町

自分らしさで彩る 無添加の家。
フランスの古民家を思わせる、まっ白な漆喰の壁に、白くペイントしたドア。
パントリーや小屋裏収納などを、片付けるところはたっぷりと、適材適所に収納を設けました。


ほんの一部だけですが、紹介します。
階段_波型の壁_ニッチ_本棚_無添加住宅_しずく_飛鳥住宅

雫型のかわいいニッチ。
階段ホールには、家族の共有スペースがあります。
雑貨をおしゃれに飾るのが楽しくなる、曲線を活かしたシンプルな空間。
子どもたちの作品や、思い出の写真、今読んでいる絵本や雑誌。

自分たちらしい、お気に入りの家具やカーテンで彩る家。

カワイイ照明に、かわいい造作家具、女の子たちが喜びそうな、毎日楽しくなるような仕上がりです。
見どころがたくさん、アレもコレもかわいい「むてん」も喜ぶ、無添加住宅が完成します。

むてん_子どもに大人気_無添加住宅_マスコット

いかがでしたか。
2020年最初の完成内覧会です。
家づくりの参考にぜひ、ご家族そろってお越しください。

開催地は金沢市内。週末はもちろん、平日のオープンも予定しています。
土日はお仕事等で、なかなか内覧会に足を運べなかった方も、ぜひお越しください。

詳細は、開催日近くになりましたらHP【イベント情報】に掲載します。


もちろん、無添加新保本モデル及び無添加大桑モデルハウスの内覧は、随時行っております。
平日も内覧可能ですので、ご希望の方は下記までお問い合わせください。

■ お問合せ先
飛鳥住宅株式会社
〒920-0944 金沢市三口新町三丁目3番18号
TEL076-222-1122(代) FAX:076-231-3503

「冷え性」に悩むひとにオススメ

2020年1月21日|カテゴリー「日記
暖冬と言われているこの冬。ようやく金沢も、冬らしい寒さになってきましたね。

冬に手足が冷えるのは当たり前、と思っていませんか?
「冷えは万病のもと」という言葉があるように、体の冷えを放っておくと様々な病気を引き起こす要因になることも。

特に女性は冷え性が多いと言われていますが、実は男性にも多いようです。
冷え性は体調や体質、生活習慣や環境によってもなりやすいと考えられています。
毎日過ごしている、室内環境についても考えてみましょう。
無垢_無添加住宅_微笑ましい親子_飛鳥住宅

冷え性の症状でいちばん多いのが、手足の冷え。血行が悪く、代謝が悪いことで起こります。
室内で過ごすとき、靴下の重ね履きをして凌いでいるのも悪くないですが、できたら裸足で気持ちよく過ごしたいですよね。

無垢の床では、それが叶います。

無垢材は多孔質で、空気層を作り、断熱効果を生み出します。この無垢材がもつ、自然の保温性能があります。
直接床に触れたときに肌の熱を奪うことなく、ぬくもりを感じさせてくれます。

体から熱を奪うことなく足を冷やさないから、リラックス効果や、疲れにくいのだそうです。
だから、無垢材は冷え性の方にも「オススメ」というわけです。


無垢_冷え性にオススメ_無添加住宅_素足で気持ちいい

無垢材とは逆に無機質素材は、足を一気に冷やしてしまいます。ウレタン塗装をしてある無垢材も同様です。
木だからいいわけではないのです。

夏にヒンヤリして冷たさが心地よい、液体をこぼしてもお手入れが楽、というのがウレタン塗装された無垢材や、合板のフローリングです。見た目は一緒に見えても、素足で触れる感覚は全く違うのです。

無垢の床は程よく柔らかく、歩きやすく疲れにくい。
もし、転んだとしても固い床よりダメージが少なく、安全性も高いので安心です。無添加住宅は、全フロア無垢の床で安心して過ごしていただけます。

無垢材_安心安全_三輪車で遊ぶ子ども_無添加住宅_飛鳥住宅

いかがでしたか。

多くの時間を過ごす自宅。その室内環境を考える、そのものが、健康管理につながります。
靴下の重ね履きから解放されて、裸足で過ごせる無垢の家を体感してみませんか。
「冷え」で悩まされることなく、健康に過ごしていただけます。

無垢のぬくもりを感じられる、無添加住宅のモデルハウス「無添加新保本モデルハウス」及び「無添加大桑モデルハウス」の内覧は、随時行っております。

平日も内覧可能ですので、ご希望の方は下記までお問い合わせください。



■ お問合せ先
飛鳥住宅株式会社
〒920-0944 金沢市三口新町三丁目3番18号
TEL076-222-1122(代) FAX:076-231-3503

石川県で唯一の心地よさ

2020年1月12日|カテゴリー「日記
~身体に良くないものは使わない~
     無添加住宅

当社は無添加住宅の正規代理店です。
無添加住宅_イメージ_無添加素材の心地よさ_飛鳥住宅_無垢

無添加住宅の本部は、兵庫県西宮市にあります。無垢のフローリングや、無添加しっくい等の建材は、無添加住宅本部から仕入れています。

したがって、全国に無添加住宅の正規代理店があるということです。(約180社)
ちなみに北陸エリアでは富山県2社、福井県2社、石川県1社となっています。
当社は石川県で唯一、無添加住宅を建てられる住宅会社です。
いまや、台湾、中国にも代理店があるそうです。

先日、代理店が集まる「北陸甲信越ブロックミーティング」が新潟県でありました。
新潟県にある正規代理店のひとつ、イワコンハウスさんの建物を見学に行ってきました。
今回は、見学してきた建物「Bandol」をご紹介します。

外観I_Bandol_石屋根_無添加住宅_イワコンハウス_飛鳥住宅_クールーフ

元々のベースは無添加住宅の規格住宅「Bandol~バンドール」。
お施主様の要望をお応えし、間取りや大きさを変更した無添加住宅らしい、こだわりのある建物に仕上がっています。
無添加住宅の特徴でもある、屋根は天然石。
ただ、北陸の気候では雨や雪が多いため、当社ではあまり施工していない屋根材です。

リビング_Bandol_無添加住宅_イワコンハウス_飛鳥住宅

南欧をイメージした佇まい。
梁見せがアクセント。大きな窓があることで、日中は照明をつけなくても明るい。
カーテンレールも、かわいいのが付いています。

キッチン_Bandol_造作家具_無添加_イワコンハウス_飛鳥住宅_無垢

Rの垂れ壁と無垢材の質感が優しい印象を与えます。(写真で、分かりにくくてすみません。)
キッチンやカップボードは、オリジナル造作です。
造作家具であるので、使い勝手に合わせて、高さ、引き出しの数、サイズ、仕様も、思いのまま。
引き出しに取り付けた取手はすべてお施主様支給だそう。

トイレ+洗面_Bandol_造作家具_無添加素材_イワコンハウス_飛鳥住宅

洗面台もオーダーメイド家具。
どれもコレもかわいくて“うっとり”してしまいます。
家具がすべてオーダーメイドだからこそ、無添加素材の心地よさを存分に体感できます。

階段+パントリー_Bandol_無添加住宅_イワコンハウス_飛鳥住宅_塗装

かわいいだけではなく、大容量のパントリーも完備。
階段下の空間を有効利用していました。
これだけの棚があれば、籐のかごやワイヤーバスケットなどで、スッキリ片付けられそうです。
洋室_Bandol_勾配天井_ペンダントライト_無添加住宅_イワコンハウス_飛鳥住宅

こちらは、洋室。
勾配天井で、空間に変化を持たせています。
また、天井と木張りにすることで、落ち着きある空間になっています。
よくあるシーリングライトではなく、ペンダントライトや、壁掛けライトを上手に選んで、それぞれの部屋の雰囲気を変えています。

照明_キャンドル_Bandol_無添加住宅_ブラケット_壁掛け_イワコンハウス_飛鳥住宅

こちらは、2F廊下のブラケッットライト(左)。
しっくいの壁にほわーッと広がり、これだけで十分の明るさが取れます。
玄関先にも、同じブラケットライトを採用。
アンティーク調のミラーとコーディネートされていて、素敵でした。
室内は配色や照明、取手、コンセントなど細部まで、お施主様のこだわりが随所に見られました。


いかがでしたか?
他社が手掛ける無添加住宅。なかなか見る機会がないので、新鮮に感じますね。
無添加素材の心地よさを存分に体感できる、すてきなお家でした。

かわいい仲間が登場?

2020年1月7日|カテゴリー「日記
あけましておめでとうございます。

2020年はオリンピックイヤー。
当社は創業40周年を迎えます。大きな節目となる2020も、すべてのお客様に感動感激感謝の心を持ち続けていく所存ですので、今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、2020は無添加大桑モデルハウスも築10年目となります。
空気のおいしさは変わることなく、無垢の経年変化を感じられます。漆喰の白さは変わることなく、フローリングのシンゴンの色味がなんとも温かみのある色になっています。新築の当時の色と見比べることができますので、ぜひご体感ください。

そんな10周年を迎えた無添加大桑モデルハウスにかわいい仲間が登場しました。
今回は、無添加住宅にピッタリなその仲間を紹介します。

mutenkahouse_ワイヤークラフト_飛鳥住宅株式会社_漆喰

お分かりいただけるだろうか。
こちらが、無添加住宅に似合う手作りのワイヤークラフト「ムーミン」、そして「MUTENKA HOUSE」の文字。
黒のワイヤーが、無添加のまっ白なしっくいに映えています。


ワイヤークラフトとは、細いワイヤーで作るアクセサリーや雑貨のこと。
作ってみようかなと思ったきっかけは、ピンタレスト[Pinterest]に上がっているのを見たからです。
DIYに通ずるところもあり、無添加住宅に似合うのではないかと!

まっ白な漆喰、職人による手仕事の壁だからこそ、映えるワイヤークラフト。壁に直接ピンを指し、引っ掛けてあるだけです。
ピンで穴をあけても、爪でカリカリとすればあら不思議。全く、目立たなくなります。だからあなたの思いのまま好きなところに、イメージしてレイアウトできます。やり直しがきき、移動も簡単なので、いろいろな場所に試せます。

8aab754961da8f7bbb55d6c3785abf97

いかがでしたか?

まっ白な漆喰壁は絵や写真を飾るほかにも、こういった楽しみ方があります。ぜひ、試してみてください。
ワイヤークラフトは、意外と簡単に出来ました。ご興味ある方はぜひ一緒に作りましょう。

また、今後もう少し仲間を増やしていく予定です。
気になる方は、ぜひ無添加大桑モデルハウスに足を運んでみては?

キズを魔法のように直す方法

2019年12月16日|カテゴリー「その他
12月も半ば。
年賀状に、年末年始の準備、そして後回しになりがちな大掃除。
毎日の生活の中でこまめにしていれば、大掃除の必要もないんですよね。それは分かっているけど、できないのが現状です。

そんな悩みも一瞬で解決できる方法があるんです!
それは、「気にしないこと」。それが一番です笑。

でも、さすがに見過ごせないこともありますよね。

今回は、大掃除するときのちょっとしたテクニックを、先日開催したメンテナンス講座の写真を交えて、ご紹介します。
講師をしてくれたのは、無添加住宅本部から来た東坊さんです。なかなかお目にかかれないスペシャリストです。
メンテナンス講座_飛鳥住宅_無添加住宅_無垢しっくいお手入れ

無添加住宅にお住まいの方は、樹種は違えど、床は無垢のフローリングです。
日々のお手入れは、掃除機、クイックルワイパーで済ませている方が多いようです。

無垢は、水に濡れるとよくないのでは?と思っているため、なかなか水を使ってお手入れすることを避けてしまいます。
例えば濡れたままのタオルを、床に置いたまま放置すると、最悪の場合はカビが生えてしまうこともあります。
でも、ちゃんと濡らした後に乾燥させてあげれば、何ともありません。
たまに水拭きをしてあげると、無垢の木も喜びます。木の表面についた汚れがきれいに取れます。

無垢で、一番気になるのは汚れよりも、家具を引きずった時の傷や、物を落とした時のキズ。
実は、多少のキズは水で直ります。

お客様の前で、わざとモノをぶつけて凹みをつくった無垢板を用意。
キズの状態を確認していただき、本当に直るの?と不安が漂います。

メンテナンス講座_床_凹み_無垢_お手入れ_飛鳥住宅

さて、無垢板をどうするかといいますと、凹みに直接水を掛けます。遠慮なくたっぷりと。
そして温めたアイロンを取り出し、ジュワ―とスチームが出るまで当てます。この時、少し焼けた匂いがします。でも、大丈夫。水分が蒸発するのと同時に、凹みも元の状態に戻って、何にもなかったかのようになります。不思議ですよね。
でも、これは、ムクだからできる技なのです。
合板や、ウレタン塗装をしたフローリングでは決してできません。

メンテナンス講座_床_凹み_アイロン_飛鳥住宅_無垢_しっくい壁

おもちゃや、ペンでつけてしまった汚れは落ちるのか。
雑巾でいくらゴシゴシしても落ちません。
でも、水と食器用のスポンジで取れるのです。
水をスポンジに含ませ、堅い面でこすると、きれいになります。それでも取れない場合は、メラミンスポンジを使ってみてください。

メラミンスポンジを使う際は、水をたっぷり含ませてください。絞って使うとメラミンスポンジの本領が発揮されませんので、ご注意を。
また、メラミンスポンジはいろんなところに使えそうで、実は注意が必要です。
使っていいものとそうでないものがあるので、確認してください。車のボディは絶対にダメです。

メンテナンス講座_ピカール_飛鳥住宅_造作キッチン

こちらは、水栓金具をピカールで磨いているところです。
洗剤やクレンザーでは落ちなかった水垢も、新品の時のようにピカーッと輝きます。

少し臭いがあるので、つけすぎ、使いすぎには注意が必要です。ほんの少量で見違えるほどきれいになります。

ほかにも、しっくいの汚れはクエン酸で、油汚れはセスキソーダを使い、汚れを取り除きます。
100円ショップで手に入るもので、本当にきれいになります。
講座中は「へぇー」とか「おぉー」とか、「知らなかった―」とか「家に帰ったら早速やってみよう」とか、すごくいい反応がありました。

いかがでしたか?
ちょっとしたことで、やってみるとハマってしまう「メンテナンス、お手入れ方法」。
「行きたかったのに予定が合わなかった」「またやってほしい」との声もありますので、ぜひまた企画しますね。

今回は、「“キズを魔法のように直す方法”」についてご紹介しました。

傷や汚れは気にせず、経年美化と感じて過ごすことも、無添加住宅の醍醐味であり、むてんかびとの暮らし方です。無垢のあたたかさを日々感じ、この冬もあたたかく、健康に無添加住宅でお過ごしくださいね。

無垢はなぜあたたかい?

2019年12月6日|カテゴリー「日記
一気に寒くなりましたね。まだまだこれから寒くなります。体調を崩さぬようにご自愛ください。

さて突然ですが質問です。
無垢はなぜあたたかいのでしょうか?

自然素材だからでしょうか? 本物の木だからでしょうか?
特に無添加大桑モデルハウスに来場されたお客様から、「ここは床暖が入っているの?」と聞かれます。

「いいえ。床暖は入っていませんが、無垢だからあたたかいのです。」

では、なぜムクだと暖かいのか?
今回は、「無垢のあたたかさについて」ご紹介します。
それを知ってしまうと、無添加住宅の良さが分かり、体感せずにはいられなくなりますよ。

無添加無垢材_無垢フローリング_あたたかい

さて、無垢の床(フローリング)は、なぜ暖かいのか?
無垢は木質にもよりますが、“あたたかさ”や“ぬくもり”を感じます。

無添加住宅では、無垢材を使います。いわゆる建材の合板フローリングは使いません。

比較材料として3種類の無垢フローリングを触り比べてもらっています。
1つは無垢フローリング、1つは無垢フローリングにウレタン塗装を施したもの、1つは合板フローリングです。合板フローリングとは、接着剤で薄くスライスした薄い板を何層にも貼り合せたものです。

実際に触り比べてもらうと、質感や触り心地が違うのはもちろん、一番感じられるのは、あたたかさの違い。この違いは歴然です。
「やっぱり無垢がいいなー」と、気づかれる方がほとんどです。
「暖かい」と、なんだかホッとしますし、安心できるのです。

建材を選ぶことは、空気を選ぶこと_無添加住宅__空気の考え方_飛鳥住宅_思わず深呼吸したくなる

では、なぜ無垢フローリングは、温もりや、暖かさを感じるのでしょうか?
それは、無垢が“本物の木”だから。

「木」の仕組みはこうです。
根から吸い上げた水は幹を通って効率よく枝や葉に給水され、光合成された有機物は別ルートを通って効率よく各器官に分配されるようになっています。
そのため、水や有機物が通る「クダ」が備わっています。
床材として使うために乾燥させると、クダだった部分が空洞となり残ります。
それが、断熱効果をもたらす「空気層」となり、無垢は合板と比べて暖かいのです。
樹種によっても、あたたかさの感じ方が変わります。「柔らかい木」は、空気層がより多いため断熱効果も高く、「硬い木」は「柔らかい木」に比べて冷たく感じるのです。

だから、合板には無垢に含まれるような「空気層」が少なく、またウレタン塗装をしたフローリングは、表面に膜ができ、直接無垢を触ることができず、ヒヤッとするのです。

暖かさや、肌触り、足触りを求めるのであれば、柔らかい樹種の無垢が最適です。
しかし、柔らかい樹種はキズが付き易いといった、問題がでてきます。
合板や、ウレタン塗装が施されたフローリングは、キズが付きにくく掃除もしやすい利点があります。

無添加住宅を選ばれる方も、もちろん最初は「すぐキズにならない?」「子どもが物を投げたり、おもちゃを引きずったりして傷になるのが想像できる。」など、不安の声が上がります。

でも住んでみると、「子どもが楽しそうに走り回って遊んでいるから。」「キズも1つ付いてしまえば、気になりません。」と言って、住み心地には満足しているようです。

無添加住宅で暮らすワンちゃん_カワイイ_お気に入りの場所

いかがでしたか?
もちろん、人の価値観はそれぞれですので、絶対はありません。「無垢」も「合板」も「ウレタン塗装」も、選ぶ視点が変われば、それによって最良なものが変わってきます。

今回は、「“無垢はなぜあたたかい?”」についてご紹介しました。
無垢のあたたかさを感じに無添加住宅へお越しください。フローリングの材料選びの参考にしてみてくださいね。

“むてんかびと”ってなんぞや

2019年11月27日|カテゴリー「日記
「むてんかびと」ってご存知ですか?
無添加住宅が発行している雑誌の名前です。

兵庫県西宮にある無添加住宅の本部でしか手に入れることができなかった雑誌「むてんかびと」が全国の書店に並ぶことになりました。店頭で見かけましたら、ぜひ、お手に取ってみてください。

そもそも「むてんかびと」ってなに?と思われる方もいるのでは?
今回は、その無添加住宅「むてんかびと」をご紹介します。
むてんかびと_無添加住宅施工事例 _人も暮らしも無添加が好き_金沢市飛鳥住宅

「むてんかびと」とは、
無添加のものに囲まれて無添加にこだわり、無添加住宅をこよなく愛し、無添加住宅にお住まいの人のこと。

自然に囲まれた家に住みたい、木の香り・雰囲気を感じながら過ごしたい、ナチュラルテイストのかわいい家を建てたいなど、自然志向の方が最近多いかと思います。

石川県には自然素材にこだわる住宅会社、工務店は最近多くあります。

でも、

“入った瞬間の第一印象は忘れられない”

と言っても過言ではない、室内空気がまるで気持ちがいい無添加住宅を石川県内で建てているのは、飛鳥住宅です。

しっくいの家_無添加食品_無添加住宅_金沢市飛鳥住宅

「無添加」と聞いて、食べ物や化粧品のイメージが強いと思いますが、住宅にも無添加はあります。
自然界に存在するもので家を作る。昔は当たり前のことでした。

そのあたりまえを、当たり前にやってのけているのが、無添加住宅です。目に見えるものすべてが無添加。自然素材でつくり上げています。

昔の家づくりを現代に持ってきても、ダサいのではないか?おしゃれではないのではないか?
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

無添加住宅_CM_てんてんむてんかむてんかじゅうたく_食べられる家

自然の色味だけで統一されたシンプルな空間。
モダンにも、カントリーにも、インダストリアルにも、洋風にも、和風にも、あなた好みのテイストにできます。

無添加住宅を一度も見ることなく家を建てるのは勿体無いです。
ぜひ、一度無添加住宅のモデルハウスに来場ください。
むてんかびと_無添加住宅_人も暮らしも無添加が好き
あなたも、“むてんかびと”になりませんか?

本誌では、むてんかびとである、タレントの勝俣州和さんが熱く無添加住宅を語ってくれています。
他にも、ジョン・ムーアさんのくらしや、無添加住宅の説明、施工事例など盛りだくさんです。

こんなに住み心地のいい、自然を肌で感じられる、地球にやさしい無添加住宅。


いかがでしたか?

今回は、「“むてんかびと”」についてご紹介しました。
無添加住宅、むてんかびとを知りたい、なりたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

誰もが知りたい!お施主様の生の声。

2019年11月14日|カテゴリー「その他
石川県で家を建てようとなったとき、何をご覧になりますか?

ホームページや、家・土地の情報サイト、書店で販売している雑誌などでしょうか。きっと一度は手にする「家づくりナビ」。
書店に並ぶ住宅雑誌の中で、つい買ってしまう手頃な値段。そしてなにより、実際に建てたお施主様のインタビューが載っていること。もし、自分たちが描いている理想に近いお施主様がいたら、すごく参考になりますよね。

今回は、家づくり取材時の「誰もが知りたい!お施主様の生の声」をご紹介します。

無添加住宅で暮らすワンちゃん_カワイイ_お気に入りの場所

突然ですが、どのように取材をされているか、ご存知でしょうか?

まず、担当者がお施主様の了解を得て、取材の日時を調整し、ライターとカメラマンを引き連れてお宅訪問します。

カメラマンが室内の写真を撮影している間に、ライターから家づくりに関する質問攻めを受けます。
たいてい、「家づくりを始めたきっかけは?」からスタート。

家づくりの年月が長い方は、どうだったかなと記憶が結構曖昧です。こちらとしては、そこが大事!そこが聞きたい!のですが、忘れられていることも多々あります。

今回、取材させていただいたのは、無添加住宅を建て、8月に入居されたご家族。(上の写真は、愛犬ちゃんです。)
家づくりを始めて、最初に行ったのは近くの住宅会社。当社が2社目だったそう。
無添加住宅_家づくりナビ取材_七尾市_LDK_大きくて太い梁が印象的なリビング_飛鳥住宅

「無添加住宅は、家づくりナビで知っていて、気になっていたんです。でも高くて無理だろうなと思って、なかなか見に行けなかった。でも、やっぱり見るだけ見てみようと思って行ったら、すぐに気に入ってしまった。」と話してくれました。

当社に来るきっかけや、来るまでの迷いや葛藤などは、なかなか聞けるものではないです。聞かなければ、すっと分からないままです。

紙面に載っていることは、ほんの一部。

取材時のすべてを知ることができませんが、生の声が書かれています。これから家を建てる方には、ぜひ参考にしていただきたい一冊です。

また、改めて家づくりのきっかけや、住宅会社を決めた理由、家づくりに対するご家族の想いを聞けるとあって、家づくりナビの取材はとてもありがたいです。
多くのお客様に出会い、満足いただける家に住んでもらうため、家づくりのお手伝いをしていく励みにもなります。


無添加住宅_七尾市_外観_漆喰の外壁_白いかわいい家_飛鳥住宅_家づくりナビ取材

いかがでしたか?

今回は、「誰もが知りたい!お施主様の生の声」についてご紹介しました。

なにげなく読んでいる家づくりナビも、お施主様の協力があってこそ。お施主様の夢や希望、想いやが詰まった一冊なのです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

プランター菜園日記

2019年6月25日|カテゴリー「日記
先日より始めました、知る人ぞ知るプランター菜園。大きくなってきたので、ご報告します。
日当たり良好!?の無添加大桑モデルハウスのポーチで栽培中。水やりは気がついた時にしている程度。でも、すくすくと文句も言わずに、育ってくれています。うれしい限りです。そろそろ、収穫できないかなーと待ち遠しいです。
before
種を撒いてから8日目_プランター菜園_無添加_炭化コルク
種まきして8日目
horizontal
after
種を撒いてから15日目_プランター菜園_無添加住宅_飛鳥住宅_小松菜
種まきして15日目
着実に大きく育っています。
土を入れ、水やりするたびに、木が水に浸って腐らないか心配でしたが、今のところ大丈夫みたいです。炭化コルクを入れたおかげなのでしょうか?きっとそうだと思います。

大阪の雑貨屋で見て、マネして作ってみました

2019年6月14日|カテゴリー「日記
先日、大阪出張に行った際、住宅の内装・デザインなどのヒントにつながればと思い、感じのいいカフェや、家具屋さん巡りをしました。
その際、店内の階段に置かれていたかわいいプランターを見つけました。無機質なコンクリートの階段にちょこんとグリーンがあると癒されます。古材で作られているような雰囲気。これならマネできるかも!との思いに至ったのです。近いうちに、作ろうと思っていたところ、、絶好のチャンスが!
無添加住宅_コルク樫の木=炭化コルクの材料_飛鳥住宅
さて、誰に作ってもらおうか・・・。(自分で作るんじゃないんかい!!笑)
ちょうど、無添加住宅の日 体感フェスタ!道具が揃っているではありませんか!
古材は、昨年尾崎チーフにパレット(無添加住宅の商材が梱包されて運ばれてくる台)をばらしてもらったものを使い、作業は閨チーフに頼むことにしました!
古材で作ったプランター_雑貨屋で見つけた_無添加大桑モデルハウス_飛鳥住宅
サイズも、形状も私の頭の中に“ほんわり”としたものがあるだけ。それを身振り手振りでカタチ・大きさのイメージを説明。
閨チーフが、さらっと図面(!?)を書き、ちょっと間違えつつも、、完成!

プランターの底と横には、隙間があります。土が横からこぼれてこないように、炭化コルクが入っています。きっと水はけもよく、うまく育ってくれると思います。
種を撒いてから5日目_プランター菜園_飛鳥住宅_無添加野菜
種をまいてから、本日で5日目!
かわいい目が出てきました。芽が出ると、水をやるのも楽しくなってきました!
無添加大桑モデルハウスのポーチに置いてありますので、ぜひ見てやってください。

野菜を植えたので、うまくできたら、田中さんと味見しようと思っています。

無添加住宅の日 体感フェスタ2019

2019年6月9日|カテゴリー「OB様
6月10日は無添加住宅の日。6/8(土)・9(日)の2日間、無添加住宅 体感フェスタを開催しました。
多くの方にご来場いただき、大変にぎわいました。
無添加クイズラリーや、しっくい塗体験、木工教室など、皆さま思い思いに楽しんでおられました。
無添加住宅の日_体感フェスタ_様子_金沢市大桑_飛鳥住宅
今回は当社のオーナー様もお誘いしました。
「『むてん』ってキャラクターいましたっけ?」とおっしゃられる方もいました。

むてん_無添加住宅キャラクター_飛鳥住宅
確かに、数年前に誕生したキャラクターなので、知らない方がいても不思議ではありません。
ぜひ、この機会に認知いただき、無添加住宅のキャラクターとして、名を馳せていけたらと思っております。
体感フェスタ_しっくい手形_無添加住宅_飛鳥住宅_金沢市大桑_自然素材
しっくい手形を小さな仲良し兄弟が楽しんで行かれました。知らないうちに手も大きくなっていきます。ちょっとした思い出の品としていただけたら幸いです。
体感フェスタ_無添加しっくい塗体験_飛鳥住宅_金沢_アルカリ性
しっくい塗体験は、毎度人気!子どもはもちろん、大人も夢中になってしまう。これだけ塗る練習をしていただけたら、メンテナンスも完璧ですね。
しっくい塗体験をしている男のコ。すらーっと背が伸びてびっくりしました。お子さまの成長も見られてうれしかったです。

今回、ご参加いただいた方は楽しんでいただけましたでしょうか?またのご参加をお待ちしております。
ご都合でご参加いただけなかった方は、今後のイベントに期待してください。
今後も、オーナー様と、新規でいらっしゃるお客様と楽しく集えるイベント(いわゆる無添加住宅のファンイベントですね笑。)を企画していきたいと思います。

飛鳥住宅がLINE@はじめます。

2019年3月4日|カテゴリー「日記
久しぶりにブログを更新します。
多くの皆さまからのリクエストにお応えし、飛鳥住宅がLINE@はじめます。
内覧会情報やお得情報をお届けします。友だち追加で、飛鳥住宅のお得な情報を受け取ることができます。ブログ同様、通知頻度はそんなに高くないかと思いますが、ぜひ「友だち追加」してください。
☆友だち追加☆
下記の方法どちらかで友だち追加ができます。
※LINEアプリをインストールしている事をご確認ください。

1.QRコード読み取り
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択し、QRコードを読み取ると友だち追加できます。


2.友だちボタン

スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!
友だち追加
※LINEアプリをインストールしている事をご確認ください。

2019初詣

2019年1月9日|カテゴリー「日記
あけましておめでとうございます。本年も飛鳥住宅をよろしくお願いいたします。
2019年仕事始め1月7日に企画開発部5/6人で尾山神社へ初詣に行ってきました。
20190107_飛鳥住宅_企画開発部_初詣
今年のおみくじは私、山村が代表して引かせてもらいました。
そして!なんと!
20190107_飛鳥住宅_初詣_おみくじ_大吉
20190107_飛鳥住宅_企画開発部_初詣_おみくじ_尾山神社_大吉
「大吉」!!!

2019年は、いい年になりそうです。
無添加住宅、ASUKA DESGINの家を気に入っていただきたくさんのお客様に喜んでいただけるよう、努めて参ります。

毎年恒例のボーリング大会開催

2018年12月11日|カテゴリー「会社行事
12/4(火)に毎年恒例のボーリング大会がありました。
飛鳥住宅の社員はもちろん、大工や職人、メーカー、業者が集まるほか、そのご家族も挙って参加します。いろいろな世代で楽しめ、毎回盛り上がります。
まずは、始球式!
ピンの被り物をしているのが、当社社長です。投球姿をご紹介します。
飛鳥住宅_永原社長投球1_ボーリング大会_

飛鳥住宅_永原社長投球2_ボーリング大会
飛鳥住宅_永原社長投球3_ボーリング大会

b33ca13322c9ca76c9ae72a81a10c791

飛鳥住宅_永原社長投球4_ボーリング大会
66e638add7cd8353b61985d9c31ce861
連写がしつこくてすみません。。毎回、フォームがかっこいいです。ストライクではなかったのが残念でした。
飛鳥住宅_ボーリング大会
ゲームが開始されると豪華景品をかけて、子どもも大人も必死!?(笑)に楽しんでいました。
自分のプレイに必死で、写真を撮ることを忘れていました。。

手先が器用な人は、ボーリングも上手い!私は練習してもどーしようもなく下手。レーンが一緒だった方は、3年連続で優勝していますし。。早く脅威になりたい!まっ、無理ですけどね(笑)。

ボーリングで上手くいかなかった人も、じゃんけん大会でたくさん景品をもらっていました。年の瀬に、みんなで集まりワイワイ過ごして、楽しい思い出になったらいいなと思います。