かわいい仲間が登場?

あけましておめでとうございます。

2020年はオリンピックイヤー。
当社は創業40周年を迎えます。大きな節目となる2020も、すべてのお客様に感動感激感謝の心を持ち続けていく所存ですので、今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、2020は無添加大桑モデルハウスも築10年目となります。
空気のおいしさは変わることなく、無垢の経年変化を感じられます。漆喰の白さは変わることなく、フローリングのシンゴンの色味がなんとも温かみのある色になっています。新築の当時の色と見比べることができますので、ぜひご体感ください。

そんな10周年を迎えた無添加大桑モデルハウスにかわいい仲間が登場しました。
今回は、無添加住宅にピッタリなその仲間を紹介します。

mutenkahouse_ワイヤークラフト_飛鳥住宅株式会社_漆喰

お分かりいただけるだろうか。
こちらが、無添加住宅に似合う手作りのワイヤークラフト「ムーミン」、そして「MUTENKA HOUSE」の文字。
黒のワイヤーが、無添加のまっ白なしっくいに映えています。


ワイヤークラフトとは、細いワイヤーで作るアクセサリーや雑貨のこと。
作ってみようかなと思ったきっかけは、ピンタレスト[Pinterest]に上がっているのを見たからです。
DIYに通ずるところもあり、無添加住宅に似合うのではないかと!

まっ白な漆喰、職人による手仕事の壁だからこそ、映えるワイヤークラフト。壁に直接ピンを指し、引っ掛けてあるだけです。
ピンで穴をあけても、爪でカリカリとすればあら不思議。全く、目立たなくなります。だからあなたの思いのまま好きなところに、イメージしてレイアウトできます。やり直しがきき、移動も簡単なので、いろいろな場所に試せます。

8aab754961da8f7bbb55d6c3785abf97

いかがでしたか?

まっ白な漆喰壁は絵や写真を飾るほかにも、こういった楽しみ方があります。ぜひ、試してみてください。
ワイヤークラフトは、意外と簡単に出来ました。ご興味ある方はぜひ一緒に作りましょう。

また、今後もう少し仲間を増やしていく予定です。
気になる方は、ぜひ無添加大桑モデルハウスに足を運んでみては?