菌は悪者?

菌と聞くと、「ばい菌」のイメージを持っていませんか?アンパンマンで言うと、嫌われ者?のバイキンマンがそれに当たります。アニメでは、本当は仲良く一緒に遊びたい気持ちもあるのに、なぜがみんなにいじわるをしてしまうバイキンマン。お話の内容はたいてい、アンパンマンと仲間たちが力を合わせて、バイキンマンをやっつけるといった感じです。

今回は、「菌は悪者?」について、お話しします。

風邪やインフルエンザが流行ると、「うがい、手洗い、抗菌」。
菌は汚い、気持ち悪い、悪いヤツだというレッテルが貼られ、多くの人々が揃って洗脳されているのです。特に、そういった時期が来るとテレビやCMなどで余計に意識せざる負えない状況になってしまいますね。

きのこ_菌_新型コロナウイルス_カビ菌_納豆菌
改めて、菌類とはなにか?というと、つまりキノコなのです。「きのこ=菌」ということで、これらはすべて同じ種類のものなのです。
しかし、年中食卓に上る、シイタケやマツタケ・まいたけは美味しくて、ヘルシーで女子に人気の身体人気の菌ですが、同じキノコの仲間のドクツルタケやコレラタケを食べると死んでしまいます。このように菌類は身体に良いものと悪いものが混在しているのです。キノコなら、姿かたちが大きいので区別ができますが(それでも間違えてなくなられる方がいます)、カビや菌の善し悪しは簡単には区別できません。

あかちゃん_happy baby_無添加住宅_漆喰はウイルスを低減_強い
人間の皮膚と共生しているこれらの菌が全くいなくなると、皮膚はガサガサになります。手をアルコール消毒すると急にガサガサになるのは、菌が死んでしまったからです。

菌は集団になると他の菌を寄せ付けなくなります。他の菌が入ってくると強力なバリアを発生させ、集団リンチのように殺すのです。また菌は自ら抗菌物質を出すことが知られています。人々はこの抗菌作用を利用してアルコールや酢の力で保存食をつくったのです。
このように私たちの身体は共生菌によって守られているのです。

そう考えると自分についている菌は悪者ではなく、ヒーローであり味方です。
考えてみると、近年の私たちは生きた菌を食べる機会が少なくなりました。その代わりにやたら除菌・抗菌グッズが出回り、過剰に衛生、清潔に敏感になっています。

昔から人類は菌を利用して発酵食品を作り、厳しい冬を乗り越える保存食文化を発展させてきました。家の中でも漆喰の共生菌と自分の皮膚の共生菌に取り囲まれながら様々な発酵食品を作ってきました。
いま、現代を生きる人に不足しているのは、菌との賢い共生だと思います。(引用:未来の家作りは、江戸時代に学ぶ。)


いかがでしたか。
今回は、「菌は悪者?」について書きました。
こうして改めて知ると、菌は身近にいて、共生しているだと分かりますね。
「除菌」、「消毒」と神経をとがらせて過敏になる場面もありますが、“これくらいは大丈夫”と、心に余裕をもって菌と共生していきたいですね。