新築した家に住めない人がいるのをご存知ですか?

シックハウス症候群をご存知でしょうか。
新築やリフォームしたばかりの家に引っ越したときから、室内にいると目がちかちかする、喉が痛くなる、咳が出る、気分が悪くなる、頭痛がするといった症状に見舞われる、新しい病気です。

医学の世界でも、シックハウス症候群は少しずつ認知されるようになってきましたが、診療できる医療機関はまだ少ないのが現状です。同じ新築住宅でも発症する人としない人がいるため、まさか自分の症状がシックハウスだと気が付かなかったというケースも多いようです。

今回は、「新築した家に住めない人がいるのをご存知ですか?」について、お話しします。

最近、家づくりの相談に訪れるお客様の話を聞いていると、家族の中にアトピー性皮膚炎や喘息、シックハウスなど、何らかのアレルギーを持っている人が多いことに驚かされます。
特にアレルギー症状や喘息がひどいお子さんの場合は、住む家の問題だけではなく、これから通う学校の環境にも困難が待ち受けているのではないかと心配されます。

地球温暖化や酸性雨、環境ホルモンによる影響・・・。便利さや利益を追求して、人間が生み出した様々なものや技術が、自然環境や人々の暮らしに深刻な影響を及ぼし始めています。
家族が安らぐ場であるはずの住まいまでもが、人の健康をおかしくしています。その代表が「シックハウス症候群」です。

日本では、1990年代に入ってから、シックハウスによる健康被害が急増しました。同じ新築住宅でも発症する人としない人がいるため、まさか自分の症状がシックハウスだと気が付かなかったというケースも多いようです。
体調不良がシックハウスによるものだとわからないまま、原因となっている住宅に住み続けると、さらに深刻な「化学物質過敏症」に進んでしまう危険性もあります。
シックハウスの場合は、原因となっている家を離れれば症状はなくなります。しかし、化学物質過敏症は、家を離れても症状は改善されません。それどころか、外にも出られない状態。一般の人が感じないほんのわずかな化学物質に反応して、普通の暮らしができなくなってしまいます。

シックハウス症候群_誰にでも起こりうる可能性がある_漆喰の家_無添加住宅_無垢_しっくい

シックハウスの原因は、新築住宅で使われている化学建材や接着剤、塗料に含まれる有機溶剤などの化学物質が、室内の空気を汚染して、人体に影響を与えていると考えられています。にもかかわらず、決定的な原因物質や治療法は、いまだに解明されていないのです。

オイルショックの後、省エネルギー政策によって、住宅の構造が高気密・高断熱化してきたことも、化学物質による室内の空気汚染を加速させ、シックハウスが増えてきた要因の一つといえます。
住宅に使われている化学物質には、塗料や接着剤に使われているトルエンやキシレンなどの有機溶剤、ビニールクロスの可塑剤、合板にしみこませた防腐剤、畳の防虫剤、床下の白アリ駆除剤など、多種多様なものがあります。

中でも、問題とされているのが、塗料や接着剤の材料を溶くのに使われている有機溶剤です。有機溶剤のような化学物質を総称して「揮発性有機化合物」(VOC= Volatile Organic Compounds)と呼んできます。
VOCは、簡単に言うと、炭素を含む化学物質で揮発性の高いもの。酸素や水素、窒素などの、元素の組み合わせによって、VOCには無限に近い種類の化学物質があります。
ベンゼンやトルエン、キシレン、ホルムアルデヒドなど、これらの揮発性有機化合物が、新築後20年以上にわたって揮発し続け、室内の空気を汚染しているのです。


家の中にはこのほかにも、合板の家具やじゅうたん、カーテン、床のワックス、さらにヘアスプレーや香水、トイレの芳香剤や消臭剤、衣服の防虫剤など、外から持ち込まれた家具や生活用品からも、数多くの化学物質が発生しています。

現在、日常的な暮らしの中や産業界で使用されている化学物質は、7万種類以上にもぼり、毎年新たに数千種類の化学物質が追加されているといわれます。私たちは、衣食住のすべてにわたって、化学物質に頼って暮らしているのです。
シックハウスは、誰もが発症する可能性があるといえます。
人口着色料や保存料など、食品添加物として使われる化学物質に対しては、直接、口に入れるものだけに、消費者の関心も高く、少しずつ規制が図られてきました。

住宅に使われる化学物質の恋性は、シックハウスの問題をきっかけに、やっと手が付けられ始めたばかりです。(化学物質を使わない、世界で一番自然に近い家 無添加住宅!)

内壁も天井も無添加オリジナル漆喰で、新築でもアレルギーを心配することなく、ご家族が安心・安全・快適に過ごしていただけます。

いかがでしたか。
今回は、「新築した家に住めない人がいるのをご存知ですか?」について、お話ししました。
自分には関係ない、自分に限って大丈夫と思って過ごしていては危険なようです。今は平気でも、じわじわと確実に体に蓄積され、様々な症状となって出てくる恐れもあります。

それに対応するため、建材などには天然素材を吟味して選び、極限まで自然素材にこだわって作ったのが、「無添加住宅」です。ぜひ一度、無添加住宅を見に来てみては?