おうちでやってみよう!

無添加住宅のマスコットキャラクター「むてん」。
不要不急の外出自粛で、「おうちですることなーい」っていう人は、ぜひ作ってみてください。

かわいい人気のむてんを自分でつくってみると、案外ハマってしまいます。立体にしたり、絵を描いてみたり、ぬりえをしたり、クッキーを焼いてみたり。今だから楽しめることを、できる範囲で思う存分楽しみましょう。

今回は、「おうちでやってみよう!」をご紹介します。

「むてん」ちぎりえ_マスキングテープ_無添加住宅_飛鳥住宅

まずは、これ。
ちぎり絵でむてんを描いてみました。

鉛筆で薄―くアウトラインを描いて、その上にマスキングテープを細かく裂いてちぎったのを、なんとなく輪郭から描いていきました。同じ色で仕上げるのもいいですが、いろいろな色や柄があるマスキングテープ。色や柄が違っても組み合わせることで、きれいに仕上がります。

むてん_手作り_飛鳥住宅_むてんをつくろう

コロンとした姿がかわいい、「むてん」。
これは、卵型の発泡スチロールとフェルトで作りました。
手も足も耳も、きれいにカタチを整えて楊枝に刺して固定したり、両面テープで止めたりして作りました。

たべれるむてん_クッキー_チョコペン

クッキーを焼き、チョコペンでむてんを描きました。
なかなか難しかったです。でも、いろんな顔が書けました。
みんなでやると、楽しいですよ!同じものを描いても、切り取る所が違うと、こんなにも違うものになる。
そして、なんとなく描いた人に似た「むてん」になっているような。

黄色いコ_田中さん制作中_あすりん
「あれ!?むてんじゃないものを作っている。。」黄色い鳥!?のようです。
今度、飛鳥住宅の事務所に来ることがありましたら、ぜひ見てください。飾ってあります。
むてん_インスタグラム_フォロー_大人気
「むてん」はいま、自粛ムードで沈んでいるみんなを笑顔にするため、飛鳥住宅のインスタグラムで大活躍!みんなを癒してくれています。ぜひ、覗いてみてください。そしてフォローをおねがいします。


いかがでしたか。

今回は、「おうちでやってみよう!」をご紹介しました。
家族でなにか同じテーマでモノ作りをやってみるのも、きっと楽しめますよ。
思っていたより、器用か不器用かが分かったり、集中力があるかないかが知れたりと、お子さんだけでなく、パパママもいっしょになって作ってみるのもいいかもしれません。ぜひ、参考にしてくださいね。