住宅性能以外に大切なこと。

せっかく建てた家なのに、寒かったり、暑かったり、光熱費がアパート暮らしの時より高かったりしては、元も子もありません。断熱・気密性能など、もちろん性能はとても大切です。ですが、性能と同じくらいに大切な要素があります。

今回は「住宅性能以外に大切なこと。」をお話します。

いまはまだ、「駅近」が大きな価値を持っていますが、30年後はどうでしょうか?
もし自動運転が数十年以内に解禁されたら、駅近は必要不可欠な条件ではなくなっているかもしれません。そもそも鉄道の駅は低い土地に建設されることが多く、災害に弱いため、利便性を取ったら、あえて駅近に家を建てる理由が見つかりません。

利便性も大切かもしれませんが、最も重要だと考えることとして、安心して子育てができる安全な立地であるかどうかです。
それを確認するためには、住民の民度が高い、日当たりがよく緑が多く環境がいい、自然災害や事件・事故が少ないといったことがポイントになってくるでしょう。
また、子どもがいない家庭でも同じことが言えます。安全で安心して暮らしたいのは、子どもがいてもいなくても変わらないからです。

長い目で見たら、これらのポイントも資産価値に大きく影響してくるはずです。

【引用 だん|202008新建新聞社・新建ハウジングより】
空気のきれいな無添加住宅で、楽しそうに遊んでいます。

いかがでしたか。
今回は、「住宅性能以外に大切なこと。」についてお話ししました。

家を建てたいと検討し、土地を探し始められた方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。
「土地探しで困っている」、「希望地にどんな家が建てられるのか知りたい」といった、ご相談だけでも構いません。お気軽にお問い合わせください。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。