上棟日和。

青い空、新緑が芽吹いた山々の緑、そして新しい家。
お天気にも恵まれた、穏やかな日に、お施主様邸の上棟がありました。
家の骨組みが出来て、家の形が見えてくる、見ているだけでワクワクする一日でした。

今回は「上棟日和。」をご紹介します。
飛鳥住宅の上棟➀

上棟とは、柱や梁などで構成される建物の構造が完成し、家の最上部で屋根を支える棟木(むなぎ)を取りつけることを指します。立地や家の規模などによって2日に渡って行われることもありますが、大抵は一日で棟上げまで行います。
一日で、家の形ができるのは見ていて楽しいものですし、大工たちの作業技術やチームワークの良さに毎回感心します。
お天気が比較的よい4月ですが、この日も晴天で上棟日和でした。
写真でご紹介します。
最後の方は、あまり変わっていないように見えますが、地面に置いてある材料(木材)が減っていっているのが分かります。

飛鳥住宅の上棟②

飛鳥住宅の上棟③

飛鳥住宅の上棟④

飛鳥住宅の上棟⑤

上棟の様子を見守るお施主様

お施主様には、朝から夕方まで一日お付き合いいただきました。
その中でドローンを飛ばして、上空から作業の様子を撮影していらっしゃいました。お仕事で映像クリエーターをされているため、機材も本格的。初めて実物を見ました。今後、いろいろと教わることがたくさんありそうです。
上棟の作業の様子を上空からドローン撮影

いかがでしたか。
今回は、「上棟日和。」についてお話ししました。
一生に一度の家づくり。大工たちも、私たちスタッフも、「感動・感激・感謝」してもらえる家づくりを目指し、日々精進しています。これからお引き渡しまでもう少し時間はかかりますが、でき上がっていく過程を楽しんでいただけたら嬉しいです。

「完成した家は見たことあるけれど、建築途中も気になる。」という方もおられるかもしれません。建築現場のご案内もさせていただきます。ご希望の方はお問い合わせ頂ければ幸いです。また、モデルハウスの内見は、イベントページでご覧ください。
>>飛鳥住宅|イベント情報<<
週末はもちろん、平日もご覧いただけますので、お問い合わせください。お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。