散らからない収納術。

毎日の生活の中で、なぜかモノが増えて、部屋が片付かない。
仕事から帰ってきて部屋が散らかっていてウンザリすることありませんか?

モノを散らかさず、常に身の回りを整理整頓して暮らせることは、生活の幸福感にも影響を及ぼす大きなテーマとなります。
今回は「散らからない収納術。」をご紹介します。

「収納スペースがない」、「モノが増えて片付かない」など、整理整頓は、家を建てるきっかけにもなっています。
果たして、収納たっぷりの家を建てたからと言って、本当に片付いていますか?整理整頓できていますか?
帰ってきてウンザリすることはなくなりましたか?

家を建てたら、解決するものでもないようです。
なぜ、散らかるのか。なぜ、片付けられないまま出しっぱなしになりがちなのか。
その原因を追究して、解決方法を見つけない限り、どこに引越ししても、どんなに広い家を建てても、ちっとも片付きません。

、ホテルのような落ち着いた雰囲気のリビングダイニング、そして光がたくさん入ってくる吹き抜け。無駄がなく、スッキリ整った家だから、まるでホテルのよう。

片付く家とは、どういった家なのか。
モノが散らからない空間を維持するために、「使う場所の近くに収納をつくること」。
使うモノが、取り出しやすく片付きやすいところに収納を設けるということが、一つの解決策です。

各部屋で、自分がどんな行動をするのか、具体的な体の動きや手順を想定すること。そして、どんなものをどんな時に使うのか、そこにどんな大きさのものをいくつ置くのか、そのためにどれくらいのスペースが必要なのか。
動線の中で無理なく収納するスペースが確保されていれば、基本的にモノが散らかることを防ぐことができます。
合理的な手法として、独立した収納空間をつくること。
「ウォークインクローゼット」や「パントリー」「シューズクローク」などが、それにあたります。
ただ、漠然とこれくらいの広さが欲しいとか、置くもののイメージがないまま適当に設えるのもよくありません。

前もって、自分および家族は何をどれくらい持っているのか、把握することが必要となります。あらかじめ、置くモノ、そしてモノの量を把握・決めておくと、使い勝手を考えながら、間取りを考えていくことができます。

また、収納スペースを独立させるメリットは、モノを隠す必要がないため、扉が不要となり、間仕切り壁と棚板さえあれば簡単で安価に収納スペースを確保できます。
床から天井まで壁全面に収納スペースを集約できれば、生活スペースをより広く使うことができ、「見せる収納」にする精神的余裕も生まれます。見せる収納で、モノを視覚的に把握できれば、日常生活でモノの管理や整理がしやすいといったメリットもあります。


また、収納計画は、「作りこまない方がいい」部屋もあります。子ども部屋などは、収納家具を置くスペースを確保し、住む人が自分で工夫する余地をつくっておきましょう。

よほどの狭小地住宅でない限り、ウォークインクローゼット(衣類)・パントリー(食品)・シューズクローク(屋外で使用するモノ)の3空間は配置する計画をお勧めします。

[新建ハウジング 別冊付録(ワンテーママガジン)収納&片付け提案|本文より抜粋]

無添加住宅)スッキリ片付いたリビングの様子

いかがでしたか。
今回は、「散らからない収納術。」についてお話ししました。

モノが多くて散らかる人にとっては、耳の痛い話だったかもしれません。ですが生活するうえで、とても大切なことです。家に帰った時にこそ、ゆったりと心と体を休めたい、寛げる余裕とゆとりがほしいもの。
そのために、散らからない家、片付く部屋をキープするには、「モノを増やしたら、その分減らす」といった、家族ルールをつくることも必要となるのかもしれません。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。