建てる前に知っておきたいこと。

家は建てて終わりだと思っていませんか?建てた後からがもっと大事なのです!家も人と同じで歳を取ります。放っておくと段々汚れたり、劣化したりしていきます。だからこそ、日々のお手入れや、点検・メンテナンスが大切なのです。

今回は「建てる前に知っておきたいこと。」についてお話します。

フランス南西部_本物の素材だからこその風合い_無添加住宅_てんてんむてんか_天然石

日本の住宅平均寿命は20~30年程度とされており、短いスパンで建て替えを行うのが当たり前でした。しかし、世界に目を向けると築100年や200年以上は当たり前です。
アメリカや、ヨーロッパは、家を購入すると住み手が家の手入れをします。それが新築であっても、中古住宅であっても変わりません。手入れすることで、購入時よりも愛着が湧いたり、経年美化により魅力が出増したり、付加価値を付けて売却することができたりと、良いこと尽くしです。

それに比べ日本人は、建てた後は何もしなくてもよいと勘違いしている人が多いような気がします。家の手入れをしない結果、30年経ったら建て替えるというのが日本の住宅事情なのです。ちょうど住宅ローンが終わるか終わらないくらいの時期にあたります。このことが、日本人が豊かにならない最大の理由かもしれません。

経年美化_岡山県倉敷市_倉敷美観地区_飛鳥住宅_漆喰壁

人は、具合が悪くなれば病院に行って診てもらったり、風邪を引けば薬を飲んだり、怪我をすれば手当をしたりします。また、なんの自覚症状がなくても定期検診に行ったり、人間ドックに行ったりと検査もします。そこで早期発見が出来れば、治療なり手術なりの手を施します。
車は、年1回の法定点検は受けない方もいるかもしれませんが、車を所有している限り、車検は受けているはずです。車検の際に、部品交換やどこか不具合があって修理が必要なら修理もしています。
そう考えてみると、住宅ローンを組んで手に入れたマイホームは、「手入れや、点検をしなくていい」という考えには至らないでしょう。

きちんと定期点検を受けて、不具合があったら直す。少しでも、気になることがあったら見てもらう。健康診断や、車の点検と同じように、家もしっかり手入れや点検をして維持管理をしていきましょう。
きちんとお手入れをすれば、家をきれいに保つことができますし、安心して暮らすことができます。

ASUKA DESIGN_キッチン_飛鳥住宅_おしゃれなリビング階段

いかがでしたか。
今回は、「建てる前に知っておきたいこと。」について、お話ししました。

弊社の定期点検は無料で行っています。>>飛鳥住宅のアフターメンテナンス<<
修理や修繕が必要な場合は、お見積りを提示したうえで、修理・修繕工事を行います。きちんと維持管理を行えば、ご家族が安心してずっと永く暮らしていけますし、住宅ローンの返済途中で建て替えをしなきゃいけないことも、避けられます。
家は家族の財産です。家は建てて終わりではありません。せっかくご家族が安心して安全に健康に暮らせる家を手に入れたのですから、大切に住んでいただきたい。
家の維持管理の大切さを知って、愛着の沸く、お手入れしたくなるお家づくりをしていきましょう。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。