住みよさランキング2021発表

1993年から発表している「住みよさランキング」は、自治体ごとに“住みよさ”を表す各指標について偏差値を算出し、その平均値を総合評価として順位付けを行っています。さて、今年はどこが1位となったのでしょうか?
今回は「住みよさランキング2021発表」をご紹介します。

※「住みよさランキング2021」の算出指標は、安心度・利便度・快適度・富裕度の4つの視点からなる20指標を採用しており、前回と比べ算出基準に変更点はない。
全国の792市と、都心3区と呼ばれる千代田区・中央区・港区を除いた東京特別区20区の合計812市区がランキング対象となる自治体となっています。

「住みよさランキング2021」の総合評価1位は、昨年と同じく石川県野々市市となりました。野々市に住んでいない人でも、石川県民ならなんだか嬉しくもあり、誇らしげになりますね。

野々市市は石川県のほぼ中央に位置し、金沢市と白山市に囲まれた新興都市。今まさに、野々市市中林では住宅地造成工事が進んでいます。人口は5.3万人と若い子育て世代が中心に増加が続いているそうです。
野々市市における4つの視点の安心度・利便度・快適度・富裕度を見ていくと、利便度が上位に10位と突出する結果となりました。
利便度が高い要因として、商業施設が揃う良好な買い物環境があることが挙げられます。また、安心度「子どもの医療費助成」(3位)については、外来・入院ともに「18歳の年度末まで所得制限なし」で利用できること。快適度を構成する「水道料金」、富裕度を構成する「財政力指数」や「1住宅延べ床面積」、「住宅地地価」なども上位となっています。

住みよさランキング2021全国総合TOP1は2年連続で石川県野々市市
住みよさランキング2021全国総合TOP1-25
住みよさランキング2021全国総合TOP26-50
住みよさランキング2021全国総合TOP26-50
1位が野々市市。次いで6位が白山市。金沢市が8位、能美市が13位、小松市15位、かほく市17位と続きます。
こうしてランキングに入っている市が多くなると、改めて石川県が住みやすいまちであることが分かります。また、幸福度ランキングでは、石川県は4位です。(ちなみに1位は福井県、2位は富山県、3位は東京都となっています。)

[東洋経済新報社「東洋経済オンライン」|本文より抜粋]


NONOICHI MY HOME FES 2021アンコール

いかがでしたか。
今回は、「住みよさランキング2021発表」についてお話ししました。
住めば都とは言いますが、石川県内に住めることに幸せを感じるきっかけにもなりました。
野々市市に住もうかな、お家を建てようかなと検討されている方に朗報です!只今、野々市市中林に分譲モデルハウスが2棟あります。ぜひ、内見して居心地を確かめてみませんか?

また、注文住宅地として50坪程の売土地もあります。ご興味ある方はぜひ、お問合せください。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。