天然素材の住宅を選ぶための心構え。

昨今、おうち時間が増えつつあることもあり、心地の良い、快適なおうちを検討される方も多くなっているのではないでしょうか。
例えば、「木の家」といった自然素材を使った内装デザインを好まれたり、ナチュラルで温かみのある家に住みたいと思ったり、自然・天然素材のニーズは年々増えて、とても人気が高いです。
だからこそ、自然素材の家に住みたいと思っている方にぜひ、知ってほしいことがあります。

今回は「天然素材の住宅を選ぶための心構え。」をご紹介します。

無垢床パイン_肌触りがよく、気持ちがいい

無添加住宅は、漆喰塗の壁と天井、床は無垢材、室内空間はどこを向いても自然素材で構成されています。そのナチュラルでかわいい雰囲気、空気の気持ちよさに惹かれる方も多いはず。
それは、無添加住宅で使われている材料が、「天然素材」だからです。
無垢材は漆喰など天然素材の建材は、壁に小さなひびが入ったり、フローリングに隙間が出来たり、梁がむくんで床に置いたビー玉が転がったりすることがあります。
天然素材は生きているので、環境の変化に合わせて形状も変化します。こういう現象は、決して住宅のデメリットではありません。自然素材の持つ特徴を十分に理解して、上手に付き合っていくことが大切です。

ダイニングにある飾り棚

無垢材は変形するもので、反ったり縮んだりしたとしても、それによって家が傾いたり、隙間風が入ったり、雨漏りがするということはありません。隙間や小さなひび割れは見た目の問題だけです。
天然素材の家を望んでいながら、1㎜の隙間も許せないというのは、天然素材の特性を知らずに、雰囲気だけで選んでしまう依頼者の勉強不足ということになりかねません。そして、職人泣かせということにもなります。

熟練した腕のある職人たちは、無垢材が変形することを計算したうえで、作業しています。そのため変形を最小限に抑えるには、工期を十分にとることも必要になってくるのです。こういったところは、材料をプラモデルのように組み立てていく工業住宅(新建材を多用した住宅)とは違います。

参考:完全無添加住宅のつくり方 著書 秋田憲司 より
リビングの大きな窓の外は、ウッドデッキへと繋がり、内からも外からも腰掛けられる窓際ベンチで過ごせます。

いかがでしたか。
今回は、「天然素材の住宅を選ぶための心構え。」についてお話ししました。
天然素材を使うと、とても気持ちの良い肌触り、室内の心地よい空気が落ち着きとゆとりを与えてくれます。自然素材のメリットだけではなく、デメリットもあることを知っていただき、納得いくお家づくりをしていきましょう。

天然素材をふんだんに使った無添加住宅のモデルハウスをご覧いただけます。
>>思わず深呼吸したくなる 漆喰の家|無添加中林モデルハウス<<
内覧ご希望の方は、ご予約のうえご来場ください。お待ちしております。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。