SDGsに取り組んでいます

持続可能な開発目標=SDGs。
SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

2030年に向けて、飛鳥住宅が手掛ける「無添加住宅」ではなにができるでしょう。具体的な取り組みを紹介します。

今回は、「SDGsに取り組んでいます」をお話します。

無添加住宅のSDGs取り組み①誰もが安心して暮らせる住まいを届ける

「無添加住宅」のモットーである、誰もが安心して暮らせる住まい。
家に使う建材は天然、人口にかかわらず人に無害なものを選び、人にやさしい無添加建材にこだわっています。また、石油製品や化学接着剤などを可能な限り使わない家づくりを提供しています。

①安心安全な建材の提供
壁材には漆喰、床材は無垢材、木製品の接着剤は米のり・ニカワなど「身体によくないものは使わない」をモットーにお客様に安心・安全な製品を提供しています。

無添加住宅のSDGs取り組み②環境にやさしい建材を採用

②環境にやさしい建材
無添加住宅では、自然素材の特性を活かしたり、廃棄物を再利用したりするなど、資源を包括的に有効活用しています。
しっくい:壁材の漆喰に水を加えて壁に塗りつけると、乾燥して空気中の二酸化炭素と化学反応し、再び元の石灰石と同じ成分に戻っていきます。その際、しっくいが硬化する過程で空気中の二酸化炭素(CO₂)を吸収することから、環境負荷に配慮した建材と言えます。

柿渋:塗料として使用する柿渋は、商品として使えない奇形な柿や柿を成長させるために間引いて廃棄するものを原料としています。

木材:インドネシアの提携工場では米のり集成材を製造する際に出る端材を、木材の防虫・防カビ処理の機械
(高温釜)の燃料に再利用し、資源の有効活用を図っています。


引用:無添加住宅 SDGsパンフレット より
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS_アイコン
無添加住宅の住まいを、一度ご覧になってみてください。
>>地球にもやさしい漆喰の家|無添加中林モデルハウス<<

内覧ご希望の方は、ご予約のうえご来場ください。お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。