SDGsに取り組んでいます・・・の続き

持続可能な開発目標=SDGs。
SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

2030年に向けて、飛鳥住宅が手掛ける「無添加住宅」ではなにができるでしょう。前回に続き、無添加住宅の取り組みを紹介します。

無添加住宅のSDGs取り組み③長寿命な住まい
③長寿命な住まい
無添加住宅の家づくりは、石油製品や化学接着剤などを可能な限り使わずに、独自の工法や独自の自然素材の建材を使うことで、長期的に住み続けられるロングライフ住宅を実現しています。

例えば、ビニールや化学接着剤などを用いて作られる建材は、新築当時は綺麗ですが年数を経ていくうちに必ず劣化していきます。その点、本物の自然素材は、劣化することなく日々経年変化し、長く住み続けることができる堅牢な家を実現することができます。

無添加住宅のSDGs取り組み④学術的な室内環境の研究
④省エネルギーな工法や建材が環境に貢献
自然素材の建材が本来持っている特性を活かした、パッシブ手法による省エネルギー効果を発揮します。結果、電気代やCO₂排出量の少ない家づくりになり、環境にも貢献することができます。

漆喰壁の反射:
漆喰は光に対する反射率(85%)がきわめて高いため、太陽光の熱源である赤外線を乱反射させるため、外壁に熱が溜まりません。また、その反射率を利用し漆喰を内壁に使うことで、室内の部屋を明るくすることができます。そのような性能を取り入れることで、漆喰面に光が反射するように窓や照明器具を設置することで省エネにつながります。

漆喰壁の調湿効果:
実建物での夏季冷房、冬季暖房実験で一般的なビニールクロス内装仕様の居室よりも漆喰内装仕様の居室の方が、エアコンの電力総量を約16%減少することが分かりました。これは漆喰の室内調湿効果により外部温度の影響を受けづらく、エアコンの急激な温度調整が少ないことで、電力削減につながっています。

無垢材フローリングの低熱伝導率:
無垢材フローリングは、木本来の低熱伝導率により冬でもあたたかく、裸足でも寒さを感じません。
鉄やコンクリートはもちろんですが、同じ無垢材でもウレタン塗装している無垢材とそうでない無垢材でも熱伝導率の差が出ています。そのため、本物の無垢材は年中素足で心地良く過ごせます。

引用:無添加住宅 SDGsパンフレット より

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
いかがでしたか。
今回は、「SDGsに取り組んでいます・・・の続き」についてお話しました。
まだ、取り組んでいることはありますが、またの機会にします。

自然素材にこだわる人は多くいるかと思いますが、決して雰囲気で選んではいけません。新築の新しくてきれいな時期はそう長くは続きません。自然素材そのものの風合いや質感を楽しめるように、材料を吟味していきましょう。

無添加住宅の住まいを、一度ご覧になってみてください。
>>地球にもやさしい漆喰の家|無添加中林モデルハウス<<

内覧ご希望の方は、ご予約のうえご来場ください。お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。