SDGsに取り組んでいます・・・の続き②

持続可能な開発目標=SDGs。
SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

2030年に向けて、飛鳥住宅が手掛ける「無添加住宅」ではなにができるでしょう。前回に続き、無添加住宅の取り組みを紹介します。

今回は、「SDGsに取り組んでいます・・・の続き②」をお話します。

無添加住宅のSDGs取り組み⑤学術的な室内環境の研究
⑤世界各国の新興国・途上国より建材を輸入
無添加住宅で扱っている建材の多くは、世界各国の新興国・途上国より輸入しています。また、現地の工場との提携により、雇用の創出に貢献しています。
インドネシア:インドネシアには無添加住宅と提携している工場があります。ここでは現地の樹種である「シンゴン」や「インドネシア松」の木材を使った、無垢材フローリングの米のり集成材、米のりの建具などを製造しています。

無添加住宅のSDGs取り組み⑥学術的な室内環境の研究
⑥学術的な室内環境の研究
人が健康で快適な生活を送るには室内の空気が大切です。私たちは「見えない空気の見える化」をするため、愛媛大学と共同研究を行っています。

室内空気NO.1を目指して:
弊社は愛媛大学と連携して、空気中の化学物質に関する研究を行っています。どのような物質が危険で、どのくらいまでの濃度であれば危険ではないのかなど、日本の家づくりにおける「室内空気環境NO.1」を実証するため、取り組んでいます。

無添加住宅のSDGs取り組み⑦健康に関する啓発活動
⑦健康に関する啓発活動
健康な方はもちろんのこと、シックハウス症候群や化学物質過敏症、喘息などのアレルギー症状で苦しんでいる方に向けて、無添加住宅について知っていただき、さらにご理解を深めていただくため、あらゆるメディアを通じて啓発活動を行っています。

引用:無添加住宅 SDGsパンフレット より

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS_アイコン
いかがでしたか。
今回は、「SDGsに取り組んでいます・・・の続き②」についてお話しました。

ぜひ無添加住宅の住まいを、一度ご覧になってみてください。
>>SDGsに取り組む漆喰の家|無添加中林モデルハウス<<

内覧ご希望の方は、ご予約のうえご来場ください。お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。