スタッフブログ

ホテルのような空間。

2020年11月17日|カテゴリー「OB様
スタイリッシュな外観、ホテルのような落ち着いた雰囲気のリビングダイニング、そして光がたくさん入ってくる吹き抜け。
無駄がなく、スッキリ整った家だから、まるでホテルのよう。

今回は「ホテルのような空間。」についてお話します。
シャンデリアが映える、スッキリとした住みやすい家

先日、入居されたお施主様のお宅に行ってきました。
お引っ越したばかりで申し訳ないなと思いながらも、弊社が毎号掲載している「家づくりナビ」の取材にも快く協力していただきました。

インタビューでは、「家に帰るのがより楽しみになった」と笑顔で答えるご主人。
自分で選んで建てた家だからこその“愛着”と“心地よさ”があるからだそう。

前から愛用しているダークカラーのダイニングテーブルに合わせた床材や造作家具、奥様お気に入りのシャンデリアがキラキラと輝く、そのセンスの良さが光ります。

「家づくりナビ」の取材時のインタビューの様子

以前は、アパートに住んでおり、モノを片付けるにも収納がなく、壁面にはズラリ家具が並んでいたそう。それでも仕舞いきれないモノは、机の上などに溢れていたそう。

それが嫌で、部屋に家具を置かなくてもいいように、スッキリ片付く収納がほしいと要望。
各部屋に大容量の収納を設けたのはもちろん、キッチン横には広いパントリー、2Fには部屋の広さほどある納戸、外部収納も設けました。
リビングや和室の収納は、あまり目立たないような工夫がされています。リビングは建具に合わせた収納扉、和室は、壁と一続きに見えるよう白で統一し、一見すると収納に見えないくらい自然に溶け込んでいます。

ゆとりがモノであふれていたアパート暮らしとは違い、余るほどゆとりある収納を贅沢に設けたことで、要望通り、家の中はスッキリとしています。
住み始めた当初は、家ではなく、ホテルに住んでいるみたいと思っていたそうです。

、ホテルのような落ち着いた雰囲気のリビングダイニング、そして光がたくさん入ってくる吹き抜け。無駄がなく、スッキリ整った家だから、まるでホテルのよう。

いかがでしたか。

今回は、「ホテルのような空間。」についてお話ししました。
アパートで暮らしていた時の不満要素を取り除くと、スッキリとした住みやすい家になったようです。
そして、早く帰ってきたくなる、そんな愛着ある家になったという言葉は、嬉しくなりますね。
また、お子さんに対しても環境を整えてあげることで、片付けも自然とできるようになったそう。
やはり子どもの成長には、住環境は大切な要素の一つです。
ぜひ、家づくりナビの実例を参考にしてみてください。発売は、12月末を予定しています。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。

今秋オープン!

2020年11月12日|カテゴリー「日記
2020年10月25日にオープンした国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)。我が国唯一の国立で工芸を専門とする美術館です。東京都千代田区から石川県金沢市に移転たことで、日本海側で初の国立美術館となりました。また、移転に伴い、明治期に建てられた歴史建造物(国登録有形文化財)を移築したことで、金沢市の新たなシンボルとなります。歴史博物館と隣接するため、より多くの人で賑わうこととなりそうです。

今回は「今秋オープン!」した国立工芸館についてお話します。
東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)のエントランス

「国立工芸館」は、先月オープンした工芸を専門とする美術館です。
工芸とは、高度の熟練技術を駆使して作られた美的器物またはそれを制作する分野。応用美術、装飾美術などともいう。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石川県では、九谷焼や、珠洲焼、加賀友禅や金沢箔、輪島塗、山中漆器などがあります。どれか一つくらいは聞いたことや見たこと、もしかしたら家にあるかもしれません。
日常生活で使われるものですから、知らないうちに使っていたなんてこともあるかもしれません。
材料によって陶磁、金工、漆工、木工、竹工、ガラス、染織、人形など多くの種類に分けられます。

東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)の第九師団司令部庁舎部分

東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)の金沢偕行社部分

我が国唯一の国立で工芸を専門とする美術館「国立工芸館」が金沢市出羽町にできました。
東京からの移転に伴い、ただ新築したわけではありません。
明治期に建てられた歴史建造物(国登録有形文化財)を移築・増築し、建てられました。
明治31年(1898)に建設された「第九師団司令部庁舎」と、明治17年(1884)に建設された「金沢偕行社」をエントランス部分でつなげて構成されています。
この二つの建物は、1997年に国登録有形文化財に登録されています。

「第九師団司令部庁舎」は、明治期に建てられた全国でも数少ない現存する旧陸軍施設。
「金沢偕行社」は、全国で6か所しかない現存する偕行社(陸軍将校の社交場や集会所)。

金沢市には、古き良き時代の建物が多く残っていますが、石川県が建物を購入し管理してきたからであって、
普通であれば取り壊されなくなっていることの方が多いのかもしれません。
実際に、「第九師団司令部庁舎」は昭和43年(1968)に、「金沢偕行社」は昭和42年(1967)に県が建物を購入しています。歴史を守ろうという意識の高さが窺い知ることができます。

澄んだ秋空の下、散歩しながら、金沢らしい町並みを歩いてみるのもいい。

いかがでしたか。
今回は、「今秋オープン!」した国立工芸館についてお話ししました。

金沢市内・近郊に住んでいても、なかなか金沢の魅力的な建造物を知らない、行ったことがない人も多いのでは?
澄んだ秋空の下、散歩しながら、金沢らしい町並みを歩いてみるのもいい。日常の中に、ほんの少しゆとりある日を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

内部については、またの機会にお話しします。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。

家電だけではないんです!

2020年11月6日|カテゴリー「日記
「Panasonic。」
パナソニックは、テレビや洗濯機といった家電だが有名ですよね。カッコいいデザインも取りそろえ、家に一つくらいは、Panasonic製品があるのではないでしょうか。

最近では、ムロツヨシさん、石田ゆり子さんの出演する住宅設備のCMが話題!ご覧になったことになるのではないでしょうか。キッチン、お風呂、トイレなど住宅設備も取りそろえ、家全体をPanasonicでトータルコーディネートできるのです。
弊社もそのPanasonic製品を取り入れるべく、勉強しに鞍月になるショールームに行ってきました。

今回は「家電だけではないんです!」についてお話します。

家を決めるとき、地震に強いかといった構造や、あったかい家かといった断熱性能、間取りなどに、目がいきますよね。
もちろん、それも大事なことです。

最近では共働きのご夫婦が多いこともあり、家事動線を気にされている方が多くなったように思います。
ですが、間取りももちろんですが、家事をするうえで、一番厄介なこととはなんでしょう?
ズバリ!後片付けや、お手入れ、掃除ではないでしょうか。
Panasonic_勉強会

Panasonicでは、その家事をラクにするテクノロジー!?「ラクテク」で、住宅設備をラインナップしています。キッチンに、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台を重点的に見てきました。どれも、お手入れしやすい仕様になっていました。

パナソニックの3つの技術の紹介。
①スゴピカ素材(有機ガラス系)
汚れが付きにくい素材・加工を開発。掃除が楽だから気持ちにゆとり。
この素材は、バスタブやトイレに使われ、水垢などの汚れが付きにくいのだとか。毎日のことだから、助かりますね。

②全自動技術
代わりに自動で家事をお手伝いして「時間的「肉体的」な負担を軽減
キッチンの換気扇フードは、使い終わった後、全自動でファンを掃除してくれて、10年間内部の掃除をしなくていいそうです。また、トイレも、流すたびに泡(洗剤の)が出て、洗浄してくれます。掃除をしなくていいなんて、ほんと楽ちんですね。

③オンリーワン技術
パナソニック独自の快適・便利機能で身体と心をラクに、心地よく
料理がはかどる機能的なキッチンなど、デザイン性も富んでいます。

お風呂での事故ワースト5!

ショールームにあった看板に、こんな表記がありました。
お風呂での事故ワースト5!
なんと、その中に北陸3県すべてが入っているではないですか!
これには驚きました。事故といっても色々あるかと思いますが、これから寒くなる季節、自分事として充分に気を付けましょう。

いかがでしたか。
今回は、「家電だけではないんです!」についてお話ししました。

間取りだけではなく、住宅設備にもこだわってみると、家事が楽になるのかもしれません。家事に追われることなく、家ではラクして、ゆっくりゆとりのある時間を過ごせるといいですね。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。