スタッフブログ

6/23(火)となりのテレ金ちゃんをお見逃しなく

2020年6月22日|カテゴリー「日記
6/23(火)テレビ金沢“となりのテレ金ちゃん”で、当社の無添加中林モデルハウスが紹介されます。
16時台のコーナーに、弊社田中が出演します。
地元の方なら、誰もが知っているとなりのテレ金ちゃん。生放送の番組ですが、出演部分はすでに収録済です。
コーナー自体は短いそうなので、お見逃しなく!

おうちにいながら、少しでもモデルハウスに行った気分を味わえたら、無添加中林モデルハウスの空気感をお届けできたらいいなと思いますので、ぜひご覧ください。

今回は「6/23(火)となりのテレ金ちゃんをお見逃しなく」についてお話しします。
「こちらが無添加中林モデルハウスです」と紹介しているテレビ収録の様子

前々回のブログに、収録をチラ見せと題して、収録の様子をご紹介しました。
見逃し方は、ぜひ戻って読んでみてくださいね。

私たちも、どのように編集され、どのような番組コーナーになっているのかは当日の放送で知るのです。きっと、ステキに編集してくださっていることと思います。
今回のテーマは、在宅勤務含めて家で過ごす時間が増えていることから、「家の中に家族の居場所がいろいろある」「2階のフリースペースは在宅勤務にも最適」ということで、無添加中林モデルハウスを紹介します。

テレワークもノンストレス、無添加中林モデルハウスの間取り図

2020年4月中旬から、会社に通勤できずテレワークを強いられていたパパ、休校または保育園の登園自粛により、仕事を休まざるを得なかったママ。日中は、それぞれ別の環境で時間を過ごしていた家族が、急に一つ屋根の下で一日中過ごさなければいけない。お互いにストレスもあったことでしょう。

家は、家族で過ごす場所、寛ぐ場所、ご飯を食べる場所、安心して眠る場所など、いろいろなシーンがあります。

一つの空間で、いろんな居場所を兼ね備えているとしたら、永く住み続ける家には、最適なのではないでしょうか。お子さまの成長や、家族構成の変化、数十年後の先を見据えて、今に最適ではなく、これからの家族にとって最適な家を建てたいものです。

無添加中林モデルハウスでは、そのヒントになる工夫がなされています。
リビングの中でも居場所を一つとせず、ダイニングテーブルとは別にデスクを設けたり、個室として仕切らずにフリースペースとしたり、住む人によって、その時の家族のカタチによって、自由に使える、過ごせるモデルハウスとなっています。家族がいながらのテレワークも、ここならノンストレスで出来たでしょうし、おうち時間を、子どもと一緒にもっと楽しめたことでしょう。
家を建てる時は、家事のしやすさや、動線、収納スペース、間取りも大事ですが、居心地のよい空間をつくること、居心地のよい居場所をつくることも、大事になってきますね。

飛鳥住宅が手掛ける、無添加中林モデルハウス漆喰壁で空気がきれいなリビング

いかがでしたか。
今回は、「6/23(火)となりのテレ金ちゃんをお見逃しなく」をご紹介しました。ぜひ、明日の放送をご覧ください。

放送を見た後、実際に行ってみたい、見てみたいと思った方はぜひ、今週末の住宅展にご来場ください。
また来場された際には、コーナーの感想もお聞かせください。

緊急事態宣言が解除され、ようやく石川県木造住宅協会主催の「野々市カレッジタウン富陽」住宅展が先週より開催されております。おかげさまで、多くの方にご来場いただいていますが、コロナ禍の影響のせいか、思うように客足が伸びていないのが現状です。「野々市カレッジタウン富陽」住宅展は今週末が最終となります。
今週末は、都合が悪いと言われる方も大丈夫です。
無添加中林モデルハウスは、平日や住宅展後の来月以降も、内覧可能です。内覧ご希望の方は事前予約をお願いいたします。

また、「新型コロナウイルス感染が心配で、そう簡単に住宅展に足を運べない」と思われている方に朗報です!
無添加住宅のオリジナルしっくいが、ウイルスを5分で100%死滅させると証明されました。

無添加住宅オリジナルしっくいがウイルスを5分間で100%死滅させる!

もしもこの先も、ずっと続くとしたら。

2020年6月19日|カテゴリー「日記
緊急事態宣言が解除され、恐る恐るではありますが、人出が増え、街が活気づき、ようやく日常に戻ってきたように感じます。
ですが、マスク着用、行くところ行く所でアルコール消毒をし、ソーシャルディスタンスを守り、対面会話は控える、非接触に努める対応など、新しい日常に慣れていかなければいけません。

今回は「もしもこの先も、ずっと続くとしたら。」についてお話しします。

気持ちのいい公園で過ごす仲良し家族

4月の後半から5月いっぱいまで、どのように過ごされていましたか?
気持ちのいい過ごしやすい季節、せっかくなら上の写真のような外遊びをしたかったですよね。

自宅で籠ってただただ過ごしていたり、子どもが休校や登園自粛になり仕事を休まざる負えなくなったり、会社勤務ができなくなり、在宅ワークになったり。
家では集中してできないから、カフェやファミレスでしようにも、お店自体が閉まっているといった始末。

家での仕事は、オンオフの切り替えができずに集中できなかったり、家族が話しかけてきたり、生活音だったり、そもそも仕事できるスペースがないなど、不自由極まりなかったり、ある意味快適だったりと、業種や、家庭環境、人によって違ってくるかと思います。

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社は、「働き方の新しいスタイル」を受け、従来の働き方に比べ、テレワークやローテーション勤務に伴う自宅や自宅周辺での業務が浸透するだろうことをふまえ、現在の働き方や「住まい」における十分な業務スペースのあり方を調査しました。
withコロナで在宅ワーク時に十分と思える自宅スペースのアンケート結果

自宅で仕事をする必要がある場合の十分だと思えるスペースについて聞いたところ、「デスクが一つ入る程度の書斎コーナー」が約40%で最も高い割合でした。
次いで「デスクに加え書棚などが手元にあり目線が気にならないスペース」「自宅の中で仕事場として使う個室」が同率で26%でした。

【主な調査結果に関してのまとめ】
テレワークの普及により通勤時間が減ったり、業務に集中できたりすることは様々な効果が期待されます。また総務省の調査(2016年度)によれば、テレワークを導入する企業の生産性は、導入していない企業の1.6倍にもなるという結果も出たといいます。働き方の新しいスタイルを取り入れてゆくことは、社会にとっても良い効果を与えるものと考えます。

参考:ハイアス・アンド・カンパニー
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000341.000000155.html

リビングダイニングにある、家族と程よい距離をもてるワークスペース

いかがでしたか。
今回は、「もしもこの先も、ずっと続くとしたら。」をご紹介しました。

アフターコロナ、withコロナの時代は、いつまで続くのでしょうか。
いずれにしても、withコロナ/アフターコロナを見据えて新しい日常、とくに働き方の新しいスタイルを取り入れる上では、自宅のあり方も変わってきます。
自宅内のワークスペースの有無がどうかというよりは、自分自身の働き方や、家族との程よい距離感、ひとりで集中できる空間が求められているのではないでしょうか。

そういったことに対応できる家、間取りに関心を持つ人が多くなっているようです。弊社の無添加中林モデルハウスは、それぞれの居場所が持てるよう、設計されています。

※なお、6/20(土)・21(日)・27(土)・28(日)は野々市カレッジタウン富陽の住宅展に出展していますので、お気軽にご来場ください。

これから家を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

テレ金ちゃん収録をチラ見せ。

2020年6月14日|カテゴリー「日記
先日、なんと!テレビ金沢の収録がありました。
緊急事態宣言は解除されたものの自粛ムードが続いているため、テレビで紹介されるのは、なんとも嬉しいことです。

今回は「テレ金ちゃん収録をチラ見せ」についてお話しします。

無添加中林モデルハウスの紹介収録は、きれいな青空で絶好の収録日和でした。

新型コロナ感染拡大防止対策として、出演者は弊社田中のみ。
本来なら、アナウンサーや担当者との掛け合いがあり、和気あいあいと収録がされるコーナーだそうです。
今は、アナウンサーがロケや取材に出られない状況との事で、外出は極力避け、厳戒態勢のなかスタジオで楽しい生放送番組を作っていただいています。

写真に写っている通り、収録はテレビ金沢のディレクターとカメラマン、そして弊社田中で行われました。
ということで、残念ながらアナウンサーとの共演は果たせず、しかも、暑い中でもマスクをしたままの収録となりました。

無添加中林モデルのリビングにある窓際ベンチに座りながらの打合せ

紹介するのは、弊社の無添加住宅。野々市市にある、無添加中林モデルハウスです。
本来なら、お施主様の家をご紹介するコーナーなのだそうだが、このご時世そんなわけにはいかず。

今回は、無添加住宅の紹介というより、間取りや使い勝手のことについて紹介しています。
「住んでみたら、こんな感じかな。」、「自分ならこんな風にするなー。」、「こんな生活したいなー」といった住人目線で見ていただけると嬉しいです。

中林モデルの特徴は、一つの空間「LDK」で居心地のいい、家族それぞれが居場所をもてる、そんなモデルハウスです。
どこでどのように過ごすか、家族それぞれが居心地のいい場所を共有したり、独占したり、つかず離れずの関係を保てるようなそんなLDKの提案です。

こどもたちが成長しても、ご主人が一人になりたいときでも、奥さまが手芸などのクラフトに集中したいときにも、個室に籠ることなく、家族がいるリビング空間で、お互いの気配を感じられるほどよい距離間で、ゆるくつながることができます。
何をしてどのように過ごすか、ひとりで、もしくは兄弟で、もしくは家族みんなで、思い思いに過ごせる「居場所」をいくつも設けました。


想定される場面として、
朝はダイニングで各々、「トーストに目玉焼き」か「ごはんとみそ汁」を食べる。
リビングでは、今日の時間割を確認し、教科書をランドセルの中に突っ込む。
パパは、支度の前に新聞をチェックする。
ママは、キッチンで朝食の後片付けと、子どもたちの準備を見守る。
学校から帰るとダイニングのカウンターテーブルには、ママの「お帰りレター」とともに、おやつが置いてある。
ママが仕事帰りに買い物したものを、パントリーや冷蔵庫に片付けながら、夕食の準備に取り掛かる。
窓際ベンチに座りダイニングの方を眺めながら、ママの「ご飯よ!」の声を待ちわびる。
デスクで、今日できなかった算数の問題を、教え上手のパパに見てもらう。
ダイニングでは、家族そろって「いただきます」
夕食後はリビングで、テレビやYouTubeをみながらくつろぐ。
パパは、テラスでビール片手に夕涼み。
ママは、ダイニングでのんびりSNSをチェックし、お友達と次に行きたいお店をシェア。
休日は、テラスでプールをしたりキャンプをしたり、自粛中でも内外空間で楽しめます。もちろん、家族だけではなく、友達家族も呼んでも寛げる、十分なスペースです。

もっといろいろなことが想像されるかと思います。
家で家族と楽しむこと、居心地のいい場所をいくつも設けた、工夫されたモデルとなっています。

飛鳥住宅のしっくい壁の和室からはもてなしの庭を眺められる

いかがでしたか。
今回は、「テレ金ちゃん収録をチラ見せ」をご紹介しました。
無添加中林モデルハウスは、いつでも内覧可能です(内覧ご希望の方は事前予約をお願いいたします)。

また、石川県木造住宅協会主催の「野々市カレッジタウン富陽」住宅展は6月13日(土)より3週にわたり開催中です。弊社の建物はもちろん、弊社以外の住宅会社の建物も一堂にご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

なお、収録の模様は、6月23日(火)となりのテレ金ちゃん内で放送されます。お見逃しなく!
少しでも気になった方は、ぜひ実際にモデルハウスにお越しください。お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
メール info@asuka-home.com
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。