スタッフブログ

家を支える「縁の下の力持ち」

2021年5月30日|カテゴリー「日記
家を支えている「土台」って知っていますか?

上棟を目前にした土地には、鉄筋コンクリートでできた基礎があります。その上に家を支える「土台」を敷きます。先日、土台敷きがありました。
「土台」は、家を支えることはもちろん、家の中で過ごす人の安全・安心・健康を守るための基盤となるもの。
普段、意識して見ることもないですし、知らない方も多いのでは?家が建つと見えなくなってしまう、まさに縁の下の力持ちとも言える「土台」。

今回は「家を支える「縁の下の力持ち」」をご紹介します。
基礎パッキン
パッキン横

基礎の上に基礎パッキンを並べ、その上に土台を敷きます。
基礎パッキンとは、基礎コンクリートと土台の間に置く合成樹脂のことを指します。(無添加の場合は御影石のパッキンを使用します)基礎パッキンを横から見ると等間隔に穴が開いていることがわかります。これは、基礎からの湿気防止や床下換気の為に開けられた穴です。湿気がこもってしまうと、外敵シロアリの住処となり、木が食べられ、土台や柱がダメになる恐れがあります。怖いですよね…。そうならない為に基礎パッキンを入れているのです。
木材加工

いの一番

当社では、土台にヒノキを使用しています。木材は基本的に加工した状態(プレカットした状態)で現場へ運ばれてくるのですが、金物の位置は建てる家ごとに違うため、大工さんが金物に合わせて加工します。
その後、シロアリ駆除剤を一本一本丁寧に木材全体に塗り、土台を敷いていきます。
ここで少し気になる、平仮名や数字。木材ひとつひとつに、ひらがなと数字が書かれています。これは木材配置を表しています。
「真っ先に」や「最初に」という意味で使われる「いの一番」は、ここから来ています。木材の番付で、いろはにほへとの「い」から始まる通りと、数字の「1」から始まる通りがあって、角の部分が「いの一番」となります。
このように木造軸組工法では、土台や柱・梁の配置が分かるようになっているため、大工さんは設計図と併せて土台・大引を敷いていき、家を仕上げていくのです。
土台敷き

いかがでしたか。
今回は、「家を支える「縁の下の力持ち」」についてお話ししました。
家が建った後では、外からは見ることのできない「土台」。すごく大事な部材なので、ぜひ注目してあげてください。

なお、建築途中の建築現場のご案内もさせていただきます。ご希望の方はお問い合わせ頂ければ幸いです。
また、モデルハウスの内見は、イベントページでご覧ください。
週末はもちろん、平日もご覧いただけますので、お問い合わせください。

お待ちしております。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。

小さな家のつくり方。

2021年5月24日|カテゴリー「日記
家を建てる時“あーしたい”“こうしたい”と「理想」や「夢」が膨らんで、なかなか考えがまとまらなかったり、実家の広さを基準にして自分たちの生活に合っていなかったり、なぜだか理想と現実が、かけ離れてしまっていることもあります。
家を建てるのも、決して安くはないですし、住宅ローンのためだけに働くなんて、何ともつまらない人生になりそうだし、子どもの学校や習い事、家族での趣味や旅行、老後の楽しみのためにも、資金を残しておく必要だってあります。

そんなときに、少しヒントをくれる本を紹介します。実は、毎朝少しずつ読んでいる「小さな家のつくり方」という本。狭小地に建てる家が紹介された家の数々が載っています。小さくたって豊かに暮らせる家がいちばんで、居心地の良い空間を作ることが何より大切なのです。

今回は「小さな家のつくり方。」をご紹介します。

大塚泰子さんの小さな家のつくり方

せっかく家を建てるのなら、大きな家でお庭があって、ホームパーティを開ける広いリビングがあって、友達を読んでバーベキューができるテラスがあって、家族それぞれの部屋があって、理想を語れば延々と出てきますよね。
でも、この本を読んだらきっと「広くある必要はないかー」と思ってくれる人もいるかもしれません。

人は、育ってきた環境などで、知らず知らずのうちに、家に対する価値観、固定概念があるのかもしれません。「実家が○○坪だったから、○○坪くらいはないと」とか、「親が泊まりに来るかもしれないから、客間として和室が必要だ」とか、「何に使うか分からないけど、一部屋欲しい」とか。

家を建てるための土地探しをする際、50坪を基準に探されている方も多いのではないでしょうか。
平均的に、車2~3台置けて、35~40坪の家を考えるとだいたい敷地50坪は必要となり、お庭や畑、アウトドア好きな人はそれ以上の広さを求めます。

でも、本当に50坪必要ですか?きっと、その固定概念を外すと、本当に必要なもの、理想の家が見えてくるかもしれません。

小さな家でありながら、自然を感じられる豊かな暮らしを実現するための方法。
これらのルールを前提に家づくりを考えれば、それぞれの土地や予算、家族のライフスタイルに合わせた小さな家の豊かで楽しい暮らしが実現できます。

ルールは7つ。
小さな家において自然やゆとりを感じることのできる空間づくりを意識して考えられたものです。「数字」という物理的な制約から解放されて、風や光を家に運び込む空間のゆとりを生む発想と工夫のすべてが7つのルールに込められています。

①土地全体を“家”にする
限られた土地を100%生かし、室内空間に広がりを持たせるために、「外構部分も住まいの一部」とみなします。

②外空間と内空間をつなげる
室内空間と外をつなぐ大きな開放部をつくり、解放感とゆとりを生み出します。

③一石二鳥の空間をつくる
階段や廊下、玄関といった中間エリアにもう一つの機能をプラスします。

④光と風を呼び込む仕掛けをつくる
立地条件にかかわらず、「窓」と「階段」などをうまく活用することで、日当たりと風通しを確保します。

⑤目の錯覚を利用する
空間に抜け感や奥行き感をつくり、視覚的なゆとりを生み出します。

⑥フレキシブルな空間をつくる
間取りにライフスタイルの変化に対応できる余裕を残します。

⑦大きな木を一本植える
四季の変化を感じられるシンボルツリーを植えて、家に命を吹き込みます。

[小さな家のつくり方|本文より抜粋]

住み心地は数字より空間で考える

いかがでしたか。
今回は、「小さな家のつくり方。」についてお話ししました。

世界に一つだけの素敵な家を建てるために、いろいろと考え悩んだり、迷ったり、時には家族内で喧嘩をしたりするかと思います。それは、ご家族それぞれが家づくりについて真剣に考えているからこそのこと。
それぞれの固定概念を外して、シンプルに物事を考えたらきっと、家族みんなが納得する素敵な家に仕上がるのかもしれません。「小さな家のつくり方」には、小さな家を建てるためではなく、シンプルに必要なもの、本当に理想の家を建てるためのヒントがたくさんあります。興味を持っていただけましたら一度、読んでみてくださいね。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。