金沢市 M様

家づくりを始めたきっかけを教えてください。

リビング_和室まで一続き_エコカラット_間接照明_飛鳥住宅_照明計画
子どもが産まれたし、なんとなく金利も安い、どうせ建てるなら早めの方がいいのかなと。
チラシとかネットとかで間取りを見て、自分なりに勉強していました。実際見に行くまでは腰が重くて、なかなか動けませんでした。

当社を選んだ理由はなんでしたか?

チラシとかネットとかで間取りを見ていた中では、飛鳥住宅の間取りが自分たちにとってちょうどいいかなと思いました。

他にも建売の間取りを見たりして、総二階で必要最小限のところもあれば、無駄が多いんじゃないかなと思ったりしていました。
飛鳥住宅の三口新町モデルハウスの間取りがしっくりきたので、とりあえず見に行こうかなと。行動起こすきっかけでした。

実際行ってみて、やっぱりいいなーと思いました。
落ち着く感じがよかったし、間取りに無駄がないけど、遊びというかゆっくりゆったりできる感じがあって、デザインもカッコよかったです。また、最初に対応してくれた日俣さんはメリットばかりではなく、デメリットも言ってくれたので好印象でした。

もちろん一応、他のところも見には行きました。
大手のハウスメーカーも行きましたが、子どもがぐずっても、お構いなしに営業トークしてきたので、ここではないなと思いました。

やはり、三口新町モデルハウスの最初のしっくり感を超えることはなかったです。

建物のイメージ・コンセプトはなんでしたか?

室内に加賀五彩をアクセントカラーとして入れたかったこと。
子どもが、おもちゃで遊んだりとか、ゴロゴロできたりとかする和室があり、
リビング階段があるリビングに家族が集まるような。
子どもと猫のために考えた家。
また、家族が集まる空間と、それぞれのプライベート空間を充実させました。

打ち合わせはいかがだったでしょうか?

ダイニング+キッチン_落ち着いた雰囲気_タカラスタンダード_飛鳥住宅_奥様の要望
毎週のように打ち合わせをしていましたが、相談にも乗ってくれるし寄り添ってくれたので、毎回楽しみでした。

賃貸も一軒家だったので、そのときの問題点を解決してもらいながら、決めていきました。

ネコがいるので、壁紙とかひっかいても大丈夫なものや、床材は、ひっかき傷も気にならないものを提案してもらいました。床材のウォルナットは見た目と肌触りで選びました。

また、キャットウォークや、カーテンレールボックスなどのアイデアや提案をもらいました。

家に対して、どんな要望がありましたか?

奥様:
「自分の部屋は絶対欲しい。」と思っていました。
何をするでもなく、1人でゆっくりする空間が欲しかったです。今は趣味でアクセサリー作ったりしています。
自分の好きなのを選んで、クローゼットの壁紙も色を変えています。

家事動線を楽にすること。
キッチンは、手もとを隠したいのと、調味料を置くために収納を造ったので、腰壁を高めにしました。


ご主人:
書斎がなくても、リビングでゆっくりするかなーと思っていたが、せっかくの注文住宅なら欲しいかなと思って、書斎を造りました。
以前は、本とか書類とかを、子どもに破られたり、ネコにかまれたりと散々だったが、今はその心配がありません。書斎については、攻めた感じで壁紙を選びました。

夜風にあたりながら、のんびりとビールを飲める広めのベランダが欲しいと思っていました。
住宅街だけど、ベランダの壁を少し高くしたことで、前からのマンションからの視界も気にならない、寛げる空間になりました。この夏は、子どもの水遊びをたくさんしました。

実際に住んでみていかがですか?

取材の様子_家づくりナビ_飛鳥住宅_家族写真
奥様:以前は、2Fがリビングだったので、買い物したものを持って上がるのとか、水廻りが分かれていたので大変でした。
今は1Fですべてが終わる家事動線なので生活しやすいです。
水廻りへのアクセスが良くなったので、2階に上がらずに着替えは全部、サンルームで済ませています。

ご主人:日中は、電気をつけなくても明るい。
居心地がいいためか、平日は2階に行かず、1階で寝てしまっていることが多くなりました。

2Fの床材はランクを下げる、という提案もあったのですが、だんだんと2階で過ごす時間も長くなってくると思うので、気に入ったウォルナットに統一してよかったと思ってました。