「決め手は担当者の人柄でした」金沢市 Y様

家づくりを始めたきっかけを教えてください。

築20数年の家で寒いのが悩みでした。リフォームをするより、新築がいいと思って。

他社と比較検討しましたか?

ご主人:デザイン的なもの、建物の雰囲気の好きなところを一人で6・7社ほど見ました。
何社か行きましたが、大桑の無添加モデルハウスで見た漆喰の家が気に入ったため、ここがいいと思って。奥様と子どもを連れて、「ここどーや」といった感じでした。

無垢板のダイニングテーブル越しに小上がりの畳コーナー

当社を選んだ理由はなんでしたか?

決め手は「(営業担当の)田中くん!」
他社で決めようと思っていたが、誠実に対応してくれて「めちゃくちゃいい人です」。担当者の人柄もあって決めました。

建物のデザインやイメージはどういったものでしたか?

以前の家は、ナチュラルな明るい色味だったので、今回はダークな大人っぽい雰囲気の色味を使いたかった。
床材決めるのにも、何度もショールームに通いました。

家に対して、どんな要望がありましたか?

一番望んでいたのは、あったかいお家。
実際、何がいいって、床暖は最高です。そして、結露しなくてあったかい。
毎日バタバタしているから、家事がラクにできるようにしたかった。

間取りやインテリアについてこだわったことはありますか?

最初にあったベースのプランから、こうしたい、ああしたいいった要望をすべて叶えてもらいました。
外観は漆喰の外壁に、洋瓦の屋根。
玄関は、お店っぽい雰囲気にしたくて、手洗いのボールにもタイルにもこだわりました。トイレは、生活ゾーンから外したかったため玄関横に設けました。
キッチンの壁面と床のタイルは、たくさんサンプルと取ってもらって決めました。生活感を出さないように、家電の配置を考慮し、妥協せずにお洒落なもので揃えました。
ダイニングテーブルは、1年前に一目ぼれして購入したもので、家具屋さんに保管してもらっていました。
ダイニングの照明のガラス部分の模様が、夜つけると模様が漆喰の天井に映って、凄くきれいで気に入っています。

飛鳥住宅の無添加漆喰の家のリビングダイニング

打ち合わせはいかがだったでしょうか?

打ち合わせの日程を何度も組んでもらい、細かいところまで話を聞いてくれました。
モノ一つ決めるにも、カタログをたくさん見たり、サンプルをいっぱい取り寄せてもらったり、ショールームにもたくさん足を運んで、あれこれ迷って悩んで、細かいところまでこだわりました。
打ち合わせが半端なく多かったが、納得するまで付き合ってくれて助かりました。

実際に住んでみていかがですか?

いざ住んでみたら、当たり前になってしまったので、分からない。
でも、前住んでいた家に行くと、今まで感じていなかった匂いを感じるようになりました。他の家に行っても、今ならおそらく分かるんじゃないかな。

床暖で、底冷えしないので最高です。冬の部屋干しでも洗濯物が乾く。驚くほど、すごく乾く。漆喰のおかげですね。

ライフスタイルに変化はありましたか?

家にいたくなる。忙しくしているので、実際はそんなにいないんだけど、家にいたくなりました。
以前より来客が多くなりました。「ぜひ見てください!」といった感じで、人を呼びたくなりました。