「かせるストック」|JIT

マイホームに「貸せる」安心を。いざという時に家賃収入を生み出し人生の保険にすることができる、それが「かせるストック」です。
移住・住みかえ支援適合住宅_かせるストック_かせるストック

マイホームを貸すしくみとして「マイホーム借り上げ制度」があります。

移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借り上げ制度」とは、50歳以上のシニアの方のマイホームを対象とし、最長で終身にわたって借り上げて転賃し、安定した賃料収入を保証してくれる制度です。
これで、マイホームを離れる時も自宅を売却することなく、老後の資金として活用できます。

「移住・住みかえ支援適合住宅 かせるストック」とは?

「かせるストック」とは、新築時に「かせるストック」認定を受けていれば、50歳以上のシニアが対象の「マイホーム借り上げ制度」を使って、年齢に関係なく貸せるシステム。
耐久性・耐震性にすぐれ、長期のメンテナンス体制を整えた新築住宅を、「かせるストック」の認定を受けておけば、いざ貸そうとなった時に安心です。

家という資産を長く活用し、ライフスタイルの変化にも対応できる「かせるストック」。

将来、起こりうるかもしれないケースを想定して、検討してみましょう。

「かせるストック」を利用すれば、マイホームを賃貸して、家賃収入を得る。その家賃を住宅ローン返済に充当できます。

「かせるストック」を利用すれば、実家に戻る間だけ、賃貸することも可能。3年の定期借地契約だから、スムーズに戻ることができます。賃料を実家のリフォームや、介護費用に充てることもできます。

「かせるストック」を利用すれば、移住先の住居費が賃料でカバーできます。

上記のように、マイホームを売却することなく、JIT(移住・住みかえ支援機構)が借り上げて転貸し、安定した賃料収入を保証してくれます。また、終身借り上げのため、お子様に相続してもその権利が引き継がれます。
飛鳥住宅で家を建てるなら、将来の変化にも対応でき、資産として活かせる「かせるストック」認定の家づくりをしませんか?

制度についての詳細は、「かせるストック」HPをご覧ください。【「かせるストック」|JIT 一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 】